恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

「頭を空っぽにする」ことで悩みや嫌なことから解放される!

      2017/12/18

 

頭を空っぽにすることは意外と難しいんですよね。

人は常に頭の中で何かしらのことを色々考えているものです。

これが嫌なことがあったり、ストレスが溜まっていたりすると、それこそ悶々と頭の中がいっぱいになりますよね。

 

頭を空っぽにしないと悩んでばかり

例えば勉強の成果が思うように出なかったり、仕事で嫌なことがあったり会社に行きたくなかったり、お金がなくて不安でしょうがないとき、人間関係で人との付き合いで悩んでいたり、そんなときは頭の中が常にその嫌なことばかりで埋まってしまっていませんか?

人は嫌なことがあると、その嫌なことに思考が囚われてしまうのです。

「あ~もっと勉強しないと全然良い成績が取れないよう」

「あれも勉強しないといけないけどあれももっと復讐しないと」

「あ~会社行きたくないな」

「また上司に怒られたりイヤミ言われたりするんだろうな」

「今月もまた支払いがこんなにあるよ・・」

「こんな苦しい生活にもううんざりしてきたよ」

「あ~あの人とまた顔を合わせるの嫌だな」

「あの人と会話してると気分が滅入るんだよね」

「あいつムカつく!」

「なんなのあいつ!」

「あ~もう嫌だ」

楽しいことがあるときは、人はウキウキ気分にはなりますが、頭が色々なことに囚われることって実はあまりないんです。

良い気分ののままどんどん次のことにあたまを切り替えることが出来るのです。

ある意味、頭が空っぽ状態です。

しかしこのように嫌なことがあったり、日々嫌な気分でいるときは、頭が空っぽどころか、別のことを切り替えてやっていようが、頭の中は常にその嫌なことを思い出しているのです。

「嫌なことがあって頭が空っぽに出来ないよループ」です。

こんな経験ありませんか?

朝起きて一日の始まり頃に嫌なことがあると、その日一日中その嫌なことが頭から離れなかったことが。

夜寝ることによって次の日になれば頭が切り替えられればいいですが、おそらくその次の日も悶々と嫌なことが続いていることでしょう。

これってすごい無駄な時間を過ごしていると思いませんか?

嫌な出来事はもう過ぎ去っているのに、そして新しい出来事がもう始まっているのに、でも頭の中は嫌なことで頭がいっぱいで楽しめていないのです。

悩んでいたり、嫌なことがあると、頭を空っぽにするのが難しいのです。

そして逆に、いつまでも頭を空っぽに出来ないと、その悩みや嫌なことから抜け出せないのです。

 

スポンサードリンク

 

頭を空っぽにすることで良いことが入ってくる

頭が空っぽにならずに常に悶々としいるということは、思考・雑念に頭の中が支配されているのです。

思考・雑念はあなたをどんどん不幸に貶めようと一生懸命悪い方向へ導こうとしているのです。

悪者です。

嫌なやつなんです。

それぐらいに思っていて下さい。

嫌な出来事が起きたら、それはそれでもういいんです。

嫌な気分になったら、それはそれで嫌な気分になればいいのです。

肝心なのは、それにいつまでも囚われないということです。

「あ~ムカついた!」

「あ~仕事行きたくねぇ」

「あ~あいつ嫌い」

このように思いたいのなら思い切って思えば良いのです。

そして思ったらもうきっぱりと忘れて次に行くのです。

それが出来ないからいつまでも悶々として頭を空っぽに出来ないと思っていることでしょう。

しかしこれを頑張っていつまでも思わないようにするのです。

頑張って頭を空っぽにするのです。

これは自分なりの気分転換をしたりするのももちろん効果的ですが、出来ることなら意識して頭を空っぽにする習慣を身に付けると良いかと思います。

頭を空っぽにする意識をして、その手助けとして、例えばカラオケをしたり、掃除をしたり、どこかに遊びに行ったり、好きな趣味に没頭したりするのは、より頭を空っぽにしやすいと思いますよ。

そして、頭を空っぽにすると、目の前のことに集中できるのです。

わかりますか?

いつまでも過去の嫌なことに囚われないことによって、今現在の目の前のことに意識が向くのです。

目の前のことに集中するというこは、本来の自分の力やそれ以上の力が出せるようになります。

勉強や試験、仕事、スポーツなど何でもそうですよね。

目の前の今あるものだけに集中することによって、自分の持ってる力を純粋に出せるのです。

頭を空っぽにする。

そうすることで、常に自然に、目の前のことに集中できるようになるのです。

嫌なことにいつまでも囚われている時間がアホらしく感じませんか?

 

そしてもう一つ。

頭を空っぽにすることにより、より自分にとって良いことが自然と頭に入ってくるようになります。

無駄な思考や雑念(悪いヤツら)を頭から排除して頭を空っぽにすると、その悪いヤツら(思考や雑念)は頭の中になかなか入ってこれなくなります。

すると、その空いた頭の中に、良いこと(良いヤツ)が入ることが出来るのです。

悪いヤツを頭から排除する。

頭の中にスペースが出来る。

良いヤツが頭の中に自然に入ってくる。

ということです。

これは屁理屈くさく聞こえるかもしれませんが、本当のことです。

そういうものだと思って下さい。

頭を空っぽにすることにより、目の前のことに集中することが出来て、より力を発揮することが出来る。

頭を空っぽにすることにより、良いことや良い情報が自然と頭の中に集まってくる。

だから頑張って頭の中を空っぽにする!

これをぜひ意識してみて下さい。

私も嫌なことが続いたりすると、頭の中が悶々と常にいっぱいになってしまいます。

そんな時は、この記事のように頭の中を空っぽにしようと試行錯誤しています。

アホらしいと思いませんか?

自分が嫌だと思うことに、何時間も何日も囚われているなんて。

時間の無駄どころか全てが無駄だったと感じてしまうんですよね。

だからアホらしいことは綺麗さっぱり開き直って忘れて、良い思いだけを頭に入れるようにしましょう。

人生楽しんだもの勝ちですから。

 

 - 【自己啓発】