恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

40歳過ぎからの中年年齢からは体の運動不足に注意しよう!

   

 

40歳も過ぎてくると、体の運動不足や体が日々鈍って(なまって)くることを嫌でも実感してきます。

人は健康なうちは自分の体が衰えてくるなんて思いもよらないことでしょう。

しかし年齢を重ねることに否が応でも体は言うことを聞かなくなることを知っておいた方がいいです。

体の衰えを感じてくる

体の衰えといっても様々にありますが、今日の記事では運動不足などの体の動きに関する衰えがメインになるかと思います。

つまり運動能力の低下のことです。

とはいっても病気などによる体調不良や体内の機能低下といったものも、年齢と共に衰えてきたりして、そこから運動能力の低下につながることもありますけどね。

若いころに部活などで体を動かしていたり、色々なところへ遊びにいったりすることで、自然と体を動かす機会が多い頃と比べ、30歳、40歳と年齢を重ねることによって、これまた自然と徐々に体を動かす機会が減ってくるものです。

それでもまだ体の健康状態が維持出来ていれば、何かと不自由なこともなく健康のままかもしれません。

しかし気づいた頃には何となく体の衰えを実感してくるときがやってきます。

ちょっと走っただけで足がいうこと効かなくなる。

たまに階段を歩いてみたら足がプルプルした。

重い荷物を持ってみたらすぐに持てなくなった。

膝に痛みが出るようになった。

腕が上がらなくなってきた。

体がやたら硬くなってきた。

こういったことが日々感じられる年齢に誰しもがなっていくかもしれません。

特に若いころに運動をしてた人は、歳を取ってから体のガタが来やすくなるとも言われています。

私も若い頃は運動や筋トレをよくしていましたが、元から体が硬いということもあり、最近は更にやたら体が硬くなってきたことを実感しています。

まさか自分に四十肩の症状がくるとは思っていませんでしたからね。

歳を取っても健康でやたら動ける人も実際に居るかと思いますが、そのような人はやはり日々体を動かしているのですよね。

その積み重ねが今現在の健康を維持しているのです。

 

スポンサードリンク

 

人はもっと運動不足を意識した方が良い!

年々世の中便利になるにつれて、どうしても人は体を動かすことが少なくなってきます。

世の中進化して便利になったり、健康を維持する食品やクスリやサプリなどがたくさん出てきていますが、その分本来の体を動かす機会が減ってきて、そこから体の身体能力が低下しやすくなったというのも、これまた皮肉なものかもしれません。

でもだからこそ人は自身の運動不足をもっと意識した方が良いのです。

冒頭でも書きましたが、人は健康のうちは自分の体の衰えなんてものに意識が向かないようになってきます。

このようなことは何にでも言えることですけどね。

今ある「ありがたみ」は決して当たり前にあるものではないということです。

自分の親や祖父母、そして待ちゆく高齢者などのお年寄り達を見ていれば誰でも気付けることなんです。

どこを見ても、お年寄りが若者と同じ姿勢で同じ身体能力で動いているなんてことはないですよね。

どんなに若くて元気なお年寄りでも、さすがに若い人にはどう贔屓目に見ても衰え方は歴然です。

その自然の法則とも言えるものを日々目の当たりにしていたとしても、それを意識しなければ誰もが気づかずに通り過ぎていきます。

人間が歳を取ること、人間の体は歳と共に衰えていくこと、そうしたことを目の当たりにしていても、それを実感するときというのは、実際に自分が歳を取って体の衰えが実感してきてからです。

これはある意味どうしようもないことだし、しょうがないことなんですけどね。

だからこそ人は体の衰えや、運動能力の低下を意識すべきだと思うのです。

無理にスポーツや運動をする必要はありません。

ちょっとした体操やストレッチだけでも十分なのです。

少し歩く距離を増やしたり、手を大きく回したり、足のストレッチをしてみたり、そんなちょっとした運動でも日々行っていれば大きな違いがあります。

激しいスポーツや激しい筋トレなども別に良いのですが、やはり体への負荷も大きいものですから、そのうちその体への負担が逆にのしかかってくることもありますから、無理をせずにやっていくことが大切です。

あとは健康のためにと歩くことを意識して、たくさん歩いていても、これが「単に歩くだけ」であれば、さほど効果はないかもしれません。

歩くというのは確かに運動不足解消には良い運動になりますが、単に歩くというよりは、ウォーキングのように足を上げ、胸を張って腕を大きく振るという動作であればより良いかと思います。

要は疲れれば良いということではなく、体全身を使った運動がより良いということです。

そういう意味ではやはりちょっとした体操や全身のストレッチなどが良いかもしれません。

あとは普段使っていない体の部分や、筋力を意識すると良いかと思います。

私が40歳を過ぎてここ最近実感するのは体の運動能力の低下なんです。

歳を取ってから運動不足を解消しようとしても、なかなか体が付いていかなかったり、なかなか体が戻らなくなってりしますから、ぜひ若いうちや健康なうちから体を動かすことをおすすめします。

そして私のように中年や高年になっても、運動不足を感じているのであれば、今からでも体を少しずつ動かすことをおすすめします。

無理をしない範囲でですね。

 

 - 【健康】