恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

頑固と信念の違いとは?頑固な人は頭と心が固まっているのだ!

      2016/06/30

頑固おやじとはよく言いますが、昔は年老いた男性に多かった「頑固おやじ」ですが、最近は変に頑固な人間が増えているとかいないとか。

 

 

頑固と頑固な人とは

頑固な人

頑固の定義

頑固とは、その字を読めばそのままですが、「頑なに固まる」(かたくなにかたまる)と読めます。

頑固の定義を示しますと以下のように説明されています。

  1. 頑なで意地をはること。
  2. 自分の考えや態度などを変えようとしないこと。
  3. しぶとく、取りついて容易に離れないこと。
  4. 意地になって譲らない

などです。

「頑固な汚れ」とも言いますよね。こびりついて離れないさまをさします。

まさに読んで字の如くといったままです。

 

頑固な人

頑固な人というのは、なにかと敬遠されがちなイメージがあります。

それはなぜでしょうか?

冒頭でも書きましたが、頑固おやじとか、頑固な娘とか、この子は頑固で…、などと使われることがあります。

頑固の定義でも書いているとおり、頑固な人というのは、頑なに人の意見を聞かないし、取り入れようとしないのです。

  • 自分がこうと決めたら絶対に譲らない
  • 絶対に良い方向でも意地になってやらない
  • 良し悪しではなく片意地を張っているだけ

ようは、誰かの親切心や優しさなんかは二の次であり、自分の決めたことは例え間違っていたとしても決して変えようとしないのです。

それが例え周りの人に迷惑をかけるとわかっていても、頑固な人というのは絶対に変えないことがあるのです。

何が厄介かというと、本人も間違っているとわかっていても、意地になって頑固になってしまうところです。

周りに迷惑がかかる、本人も間違っているのは気付いている、しかし頑固な人というのは決して自分が折れたり間違いを正そうとしたりしないのです。

こういう人はかなり面倒くさいですし、周りの人の要らぬ苦労を煩わせる迷惑人間でしかありません。

 

頑固な人と信念を持つ人との違い

頑固な人でもたまに良いイメージ使われることがあります。

それは頑固であるが故に「事を成し遂げる」といった人のことです。

しかし上での頑固の定義などで書いたとおり、頑固というのはやはり我の強い人間であり、片意地を張った人であり、独りよがりが強い部分のことです。

それでも頑固さが良い意味で売りとされる人というのは、頑固であるけれど信念がある人間だということです。

頑固な人と、信念を持つ人との境は紙一重なのかもしれません。

ただ、その紙一重の差とは何か?

それは、自分自身が「良かれと思っているか」ということではないでしょうか。

信念を持って、自分自身が正しいと思うことをやり遂げるということです。

どんなに周りの人間が、反対したり、賛同しなかったりしても、自分自身がこれが「正」だと信じることによって頑固に貫き通すのです。

狭い視野で物事を捉えるのではなく、広い視野を持ちつつも、自分の信じる道をゆくのです。

このような信念がなく単なる頑固な人というのは、独りよがりで視野が狭かったり、信念を持って正しいとは自分でも思えないのに意固地になっていたり、単に引くに引けなくなったりなどのような人のことです。

頑固で良いイメージを持つという人は、その根底に信念を持っているということなのです。

周りの評価は別にして、このような目で人を見て見ると、その違いに気付くかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

自分なりの信念を持とう!

以上のように見ると、頑固であるかどうかはあまり重要ではないのかもしれません。

頑固かどうかではなく、信念があるかどうか、信念を持った人かどうかが重要のようです。

仮に自分自身の信念からくる頑固さにより、人に迷惑をかけてしまった場合は、やはりしっかりと謝罪と反省が必要になってくるでしょう。

どんなに信念があったとしても、相手に過失がなく自分のせいで迷惑をかけたならです。

これが「うんにゃ、ワシは悪くない!」「ワシは絶対に謝らんぞ!」などと言ってしまうと、それは信念ではなく、単なる頑固な人となってしまうことでしょう。

 

しかし、周りに迷惑をこうむったとしても、それが相手の過失もしくは相手の都合や問題なのであれば、それは自分の信念に基づいた行動を取ることも私は有りだと思います。

なぜなら、それは信念を貫いた自分の問題ではなく、相手の問題の場合だからです。

ただ、ある程度の協調性などは必要だったりしますけどね。

こういったことは、総合的に見て判断するしかないのかもしれません。

もしくは、時間が経たないと、自分の取った言動が本当に正しかったのか過ちだったのかわからない場合もあります。

ただ言えることは、失敗を恐れずに、それでいて周りへの思いやりも持ちつつ、自分自身の信念に向き合うことが大切なんだと思います。

 

最後に

ちなみに頑固な人というのは、心身ともに損をする場合が多いとも言われています。

  • ストレスが溜まって体調を壊す
  • 頑固な人は癌(がん)になりやすい
  • 脳梗塞など脳の血管が詰まりやすい
  • 胃腸など内臓を壊す
  • 周りの人に相手にされなくなる
  • 人に助言を言ってもらえなくなる
  • 物事が悪い方向にいく

 

頑固な人というのは、頭も心も頑なに凝り固まっている人なのかもしれません。

この凝り固まった部分を徐々にでもほぐしていければ、きっと頑固さが無くなり、物事が良い方向へと向かうことでしょう。

 

 - 【自己啓発】, 【自己啓発】自分を変える ,