恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

40歳を過ぎたら運動不足に注意!40代は少しでも身体を動かす意識を持とう。

      2016/06/30

歳を取り、40歳を過ぎたあたりから何かと運動不足を感じてしまう今日この頃です。

当たり前ですが、人間だれしも歳を取れば身体の機能も衰えてきます。

 

 

40歳を過ぎたら運動不足に注意しよう!

運動不足疲れた

40代になると身体が疲れやすくなる

何とも悲しい感じがしますが、身体が年齢と共に衰えていくのは致し方ありません。

私の場合でもありますが、40歳を超えたあたりから、何とも身体が疲れやすくなった気がします。

身体が疲れやすくなったとともに、回復も遅くなってきているのでしょうね。

10代、20代と若かりし頃は、徹夜したり飲み歩いたり、仕事がどんなに忙しくても、いくらでも無理が効いたものですが、40代である最近は何かと疲労が取れません。

もちろん生活習慣などはきちんと正すことは大切です。

栄養のバランスが取れた食事や睡眠、適度な運動など、これらが日々の生活の中できっちり出来ている人というのは、若さを保ち健康でいられるのかもしれません。

 

その疲れは運動不足が原因かも?

疲れやすい、疲れが取れないなどといった場合には、それは運動不足が関係しているかもしれません。

特に若い頃に多少なりとも運動をしてきた人は、段々と運動不足になっていくことにより運動不足を感じていることでしょう。

人間歳を取っていくと、徐々に運動することが減っていくかと思います。

それはやはり加齢からくる疲れやすさや疲労の回復が遅くなることが原因にあり、なおさら疲れる運動から遠ざかってしまっていくといったところでしょうか。

しかし、この運動不足が逆に疲労回復の速度を遅めているという可能性があります。

「歳を取る → 疲れる → 運動不足 → さらに疲れやすい」といった悪循環が生まれてしまうということです。

このようなことを感じ始めるのが、40歳を境にした40代以降のおじさん達ではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

少しでも良いから体を動かす意識を持とう!

運動不足

やはり身体の健康を維持し、疲れやすさや疲労回復を克服したいのであれば、身体を動かす運動は欠かせないのです。

しかし運動不足で、何か運動をしなくてはと思っていても、40歳を過ぎた頃に何かスポーツなどの運動をするのは腰が引けてしまうかもしれません。

今ではスポーツジムなどに通っている40代・50代の人も多いそうですが、若い頃からあまりスポーツや運動をする習慣がない人というのは、そう始められないかもしれません。

スポーツジムでは、それなりにお金もかかりますからね。

 

しかし、決して大げさな運動でなければどうでしょうか?

何かスポーツを始めてみたり、スポーツジムに通ったりなどではなく、日々の日常の生活の中で「身体をあえて動かす」ことを意識するというものです。

朝起きて、仕事に行く準備の中で、あえて準備体操のような感覚で着替えをしたり歯を磨いたり。

通勤で歩いているときに、歩く足と振る腕を意識して、気持ちでいいから大きめに動作したり。

仕事中のちょっとした合間に、軽く背伸びをしたり屈伸(くっしん)をしたり、両腕を上下左右に動かしたり。

などなど。

 

特別なスポーツや運動をしなくても、家で筋トレをしたりストレッチをしたり出来れば良いのですが、これもまたあえて何か続けることを決めてしまうと、なかなか続かないものです。

だからこそ「ちょっとした運動」という意識を頭に持つ習慣を付けるのです。

私は最近、このように日々の日常の生活の中で、この「ちょっとした運動」を続けています。

この「ちょっとした運動」は正直なかなか効果があると実感しています。もちろん些細な効果ですけどね。

この「ちょっとした運動」をもっともっと習慣化させて、身体を意識的に少し大袈裟に動かすことを、無意識に出来るようになれば御の字であります。

たまに50代ぐらいのおっちゃんが、人目もはばからずストレッチや体操を軽くしている人が居ますが、もうそんなので良いかと思うようになってきました。

恥ずかしい?

いえいえ、健康的ですばらしいことですよ。

 

 - 【健康】 , ,