恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

人生を変えたい!それなら本当の自分の心を知ることから始めないと!

      2016/12/28

自分を知る

仕事にしても、勉強にしても、恋愛にしても、何にでも言えることだと思いますが、まず自分自身が自分のことをよく理解していないと、その場の判断に悩んだり誤ったりするものです。

 

 

まずは自分を知ることから

自分のことをどれほど理解しているか?

私もそうなのですが、世の中の人間で、自分のことを理解している人というのは一体どれほどいるでしょうかね?

もちろん自分自身のことですから、自分のことは自分が一番よく知っていることでしょう。

ただ、どこまで本当の自分を知っているのか? 理解しているのか? ということです。

 

人は自分の本能や本心に忠実だとは限らない

人間というものは、とても弱い部分があり、数ある誘惑に負けたり、根気がなかったり、理性が働かなくなったりと、本当の自分が求めているものに蓋をしてしまうことが多々あることでしょう。

私なんかしょっちゅうですよ。

自分のことを知るためには、自分の本心がどこにあるのかを理解しなければいけません。

その本心とやらに蓋をしてしまったり、見てみぬフリをしたりして、自分をごまかしたり偽ったりしていると、さらに本当の自分が実はどんどんわからなくなってしまうものです。

「自分はこんなに頭が悪いわけではない」

「本当はあまり理解していないけど、教え方が悪いんだ」

「バカだと思われたくないから知ったかしとくか」

「本当はみんなと遊びに行きたくないけどまいっか」

「あれ?自分はこんなに怒りっぽかったっけ?」

「自分ってもしかしてかなりの寂しがり屋なの?」

「いつも強がっているけど、周りの目ばかり気になっている?」

あまり良い例えが出てきませんが、要は本当に自分が思っていることや自分が求めていること、つまり本能や本心に忠実に行動しているか? ということです。

当たり前ですが、世の中の社会では、自分の欲求ばかり通すわけにも行きませんし、協調性をもって人との関わりも大切にしなければいけません。

ただし、自分のその言動が本当に自分の本心からきているのか、本当に自分が求めているものなのか、ということを理解しないといけません。

周りに流されているばかりでなく、強がってばかりいるのでもなく、周りの目を気にし過ぎて自分の感情がわからなくならないようにしなければいけません。

それにはまず自分の弱い部分から目を逸らさずに、自分の弱い部分を認めることから始めることです。

 

自分の弱い部分を認める!

人間は誰しも弱い部分を持っています。

誰しもです。

  • 寂しがり屋の自分
  • 見栄っ張りからすぐにイライラしたり怒りやすい自分
  • 出来ないことを言えない自分
  • 自分の弱さに気づかれないように虚勢を張る自分
  • 情けないやつと思われたくない自分
  • 仲間はずれにされたくない自分
  • バカだと思われたくない自分
  • 一人ぼっちが怖い自分

表現はいろいろありますが、どれも同じように自分の弱い部分のことを指しています。

このような自分の弱い部分を認めたくない、誰かに気づかれたくない、といった心はさらに自分を臆病にしてしまい、臆病な自分を隠すためにどんどんおかしな方向へ行ってしまうものです。

これでは強い自分になろうとしてもなれません。

自分の弱い部分を隠しながら影で強くなろうとしても、やはり限界はあるますし、結局は自分自身のイタチごっこになってしまいます。

本当に自分の弱い部分を克服したいと思ったり、自分をどんどん成長させたいと思ったり、もっと弱くてもいいから楽にいきたいと思ったりしたら、まずは自分の弱さを認めて隠さない覚悟が必要になります。

自分の弱さを知り、認めて、そして初めてスタートラインに立てるのです。

自分を知るということはこのようなことではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

自分を知ることでスタートラインに立てる

自分にとって何が最適なのかを理解する

自分の弱い部分を知り、認めることによってスタートラインに立てると書きましたが、本来の自分の立ち位置がわかれば、そこから何をすればいいのかが少し見えてきます。

仕事などであれば、出来ないことやわからない内容を人に聞くことができます。

わからないことをごまかさずに自分で調べることもできます。

本当にやりたくないことであれば、それを回避する術を考えるようになります。

人との付き合いが本当は苦手であれば、少し距離を置く方向に動こうとします。

一人ぼっちが寂しいのであれば、もっと人にやさしくできます。

 

このようなことは、まずは自分を知り、自分の弱い部分を認め、少しずつでもいいから公にしていくことによって、自分を偽りごまかすことも減っていきます。

弱い自分をさらけ出すのです。

そうすればもう弱い自分を隠す必要もありません。

周りの目を気にすることも減っていきます。

虚勢を張る必要もありません。

誰に何と思われようとも自分に恥じないことであれば気にならない。というふうに思えれば最高ですよね。

そうすれば、今まで無駄にしていた時間を今度は大切に出来ますし、何より自分自身にとって何が一番最適かということが徐々にわかってくるはずです。

 

自分を知ることで周りも見えてくる

自分を知ることで、自分の弱い部分を認めることで、本来の自分がより見えてくることでしょう。

しかし、自分を見つめて自分を知り理解することにより、周りのことも今まで以上に見えてくるようになります。

自分の気持ちに正直になれば、誰かの本当の正直な気持ちもわかってくるかもしれません。

自分の本当に求めているものを素直に理解すると、誰かの周りの人の本当に求めているものも理解できるようになるかもしれません。

自分を知るということは、周りのことも知る。

そういうことにつながるのだと思います。

 

いろいろと書いてきましたが、私もほんと弱い自分を認められない弱さがたくさんあります。

しかし、この記事で書いたことを目指し、そして身につけられれば良い人生をおくれると思いませんか。

 

#NAME?

@type

 - 【仕事】心構え, 【自己啓発】自分を変える ,