恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

仕事はやる気やモチベーションも大切だけど淡々とこなすでええんやで!

      2017/12/11

仕事のやる気やモチベーション

 

仕事って本当に大変ですよね。

仕事に生きがいを持っている人もいれば、あくまで生活のためであったりお金のためという人もいます。

でも、やはりつまらない仕事を一生続けて行かないといけないというのは、結構しんどいですし、辛いものがあります。

 

 

仕事のやる気やモチベーション!

モチベーションとは?

ちなみに「モチベーション」という意味は、主に以下の説明となります。

「モチベーションとは人が行動を起こすときの原因や動機を意味すること」

つまり「モチベーションが上がる」という意味は、仕事であればその仕事をやる気を出して全う出来る原因や動機付けが高いということです。

仕事を行うための、原因や動機付けが上がれば、それだけ仕事に取り組む姿勢が上がるというものです。

逆に「モチベーションが下がる」という意味は、仕事をする上の行動の原因や動機付けが低い(もしくは無い)ことを指し、仕事する目的や動機がなければ、それを頑張る気力はなくなるというものです。つまりやる気が出ない、モチベーションが低いということになります。

そういう意味で言えば、やる気もモチベーションも同じような意味合いですね。

 

どんな時にやる気やモチベーションが下がるか?

人が仕事をする上でやる気やモチベーションが下がるときというのは、どのようなときでしょうか?

  • 仕事の成果が出ない
  • 仕事の評価が低い
  • 給料が安い
  • 自分が役に立っていないと感じる
  • 何のために仕事をしているかわからない
  • 自分の仕事が何かのためになっているのかわからない

きっとやる気が出ない、モチベーションが上がらないという内容は、人それぞれであるし、その時々によっても様々な要因があることでしょう。

先ほども書きましたが、モチベーションとは、行動を起こすときの原因や動機付けです。

つまり、仕事を頑張るには頑張れるだけの動機付けが必要だということです。

これは何も仕事に限ったことではありませんが、ここでは便宜的に仕事をメインにして話を進めています。

さて、やる気やモチベーションが下がっている、もしくは上がらないというときは、仕事の成果や評価が低かったり、収入面で不満があったり、自分の仕事がどれだけ世の中に必要とされているのかといったことがあります。

これは正に、行動を起こすための原因や動機付けが低いということでしょう。

いくら頑張って仕事をしても評価されない、給料も上がらない、いくら頑張って良いものを作ろうとしても、それが誰の何の役に立つのかがわからない、結局どんなに頑張って仕事をしても、それが自分の動機の源にはどうしてもならないと感じるときです。

当たり前です。このように感じてしまってはやる気を出すだけ損な気分にもなりますし、何のために頑張っているのか本当にわからなくなります。アホらしくもなりますよ。

それでも人は、仕事を続け、そして少しでも現状よりも上を目指さないと、もしくは現状維持を目指さないといけないことが多々あります。

自分一人で生きて行く分にはいいかもしれませんが、なかなかそうも行きません。

 

どんな時にやる気やモチベーションが上がるか?

では今度は逆にどんな時に、やる気やモチベーションが上がるのでしょうか。

これは先ほどのモチベーションが下がる時の逆ということになりますよね。

  • 仕事の成果が上がった
  • 仕事の評価が上がった
  • 給料が上がった
  • 自分が役に立っていると感じる
  • 目標を持って仕事をしている
  • 自分の仕事が誰かの役に立っていると感じる

こういうときは、大小あれども、妙に仕事に対してやる気も出るしモチベーションも上がるというものです。

それは仕事を頑張る・頑張れるという行動の原因(評価・成果や収入アップや充実感)があり、頑張れば頑張っただけの見返りが感じるため、頑張れる動機付けにもつながります。

このような内容がいくつも重なって感じることが出来れば、きっと仕事が楽しくてしょうがないかもしれません。そしてプライベートもきっと充実していくことでしょう。

どんなにやる気が出ないときであっても、上記のモチベーションが上がる理由の一つでも当てはまることが出来れば、きっと少しやる気が出たりモチベーションが上がるはずです。

結局人間というのは、ちょっとした気持ちの向上で前を向けるようになっているのかもしれません。

逆にいうと、気持ちがどんどんマイナスな方向、つまりネガティブ思考に向いてしまと、やる気もモチベーションも下がり、更にはプライベートも良いことがなく、人生がどんどんマイナスになってしまうことでしょう。

もちろん評価や収入といった、気持ちの面だけでは誤魔化しきれないこともありますが、それでもその評価や収入(昇給など)もその人の受け取り方によって、プラスにもなればマイナスにでもなることがあるということです。

 

ただそうは言っても、精神面だけで「マイナスをプラスに変えろ!」なんていう気はありません。

いや、それが出来れば最高ですし、実際に出来る人も居るかもしれません。

しかし、多くの人が、上で書いたように、やはり良い思いや役に立つ実感がなければモチベーションは下がりますし、良い思いや役に立つ実感があればモチベーションは上がるというものです。

このような人間の心理的なものは、抑えておく必要があるでしょう。

それだけ仕事をする上で、やる気やモチベーションというのは、とても重要なことであるということです。

 

スポンサードリンク

 

それでも仕事を頑張ることは大切なこと

逃げたら逃げグセが付く

さて、そうはいっても、モチベーションが上がろうが下がろうが、やる気があろうがなかろうが、人は生きて行くうえでは仕事をして働かなければいけません。

これは親元を離れて自立した若者にも言えますし、家族を養うために働いているお父さんお母さん、還暦を過ぎても年金だけでは生活できない高齢の人であったり、きっと誰かに依存した生活をしていなければ、多かれ少なかれ誰しもが仕事を続けていかなければいけません。

そう考えると、ニートや引きこもりなんていうのは、なんと贅沢な身分なんでしょうね。

良い歳をしていても、働かず引きこもっていても、寝るところやご飯やお風呂、そしてネットだゲームだと何でもあるんですからね。いやいやどんだけ徳を積んだ人生を贈ればそんな身分になれることやら・・・

さて、少し話が逸れましたが、仕事において「やる気」や「モチベーション」といったものはとても重要な意味を持ちます。

本当はお金を稼ぐ上で、やる気やモチベーションは二の次だと言いたいのですが、現状はなかなか割り切れない人も多いです。

そして実際に世の中では、恵まれた職場に居ながらも、そのやる気やモチベーションといったものに左右されて、会社を辞めたり、転職する人もかなり居るのが実態です。

これが、やる気やモチベーションの低下=他の仕事のやる気やモチベーションの上昇、という前向きな発想からの転職などであれば良いのですが、やはり「今の仕事がつまらないから」「今の仕事にやりがいが感じられないから」といった理由で辞める人も多いのです。

仕事のモチベーションなんて、同じ仕事を続けていても上がったり下がったりするものです。

ですから、やる気やモチベーションが下がってそこから逃げても、結局は次のところでまた浮き沈みが発生するのです。

その度に現状の仕事から逃げていても、はっきりいってキリがありませんし、やはり逃げてばかりいると「逃げグセ」というものが付いてしまうのです。

ちょっとしたことであっても、一度逃げをしてしまうと、次に逃げたいと思った時に、だんだん躊躇しなくなってしまうんですよね。そうなると気づいたときには逃げてばかりいる人生にもなってしまいます。

 

やる気やモチベーションは自分で切り替える!

結局何が言いたいかというと、やる気やモチベーションが下がるちょっとした不平不満によって、いちいち左右されて仕事をしていてもキリがないということです。

私だってつまらない仕事をやらされていたり、損な役回りばかりさせられていれば、そりゃやる気もモチベーションも下がるってものですよ。

それでも、そこでグチグチ言ったり不平不満を募らせていてもしょうがありません。一時であれば良いですが、やはり現状を打開したければ自分の気持ちを切り替えたり、本当に本当の前向きであれば転職などをするかもしれません。

しかし重要なのは、決して軽率な行動を取らないということです。

 

どうすれば自分のやる気やモチベーションが上がるのか、を自分で考えて自分で行動を起こし、自分で打破していくことが大切なことなのでしょう。

 

#NAME?

@type

 - 【仕事】 , ,