恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

仕事が辛いもう嫌だと思ったら!仕事なんてどうでもいいからもう無心で開き直れ!

      2016/12/28

仕事が辛い

 

仕事に行くのが辛い、しんどい、行きたくない、などと思う人がどれだけいることでしょう。
私もそのように思うことがよくあります。

 

 

仕事がつらい、仕事に行きたくない

本当に辛ければ辞めた方が良い

最初に前提として言っておきますが、本当に過酷労働であったり、どんなに働いても生活できないほどの低賃金などであったり、精神的に参っている状態であれば、可能な限り転職を進めます。

どんなに仕事を頑張ったとしても、やはり誰でも体が資本なのは同じです。

家族のために必死に働いたり、上司に怒られるのが嫌だから何でも言うことを聞いたり、Noと言えない性格のためいいように使われたり、それぞれきっと言い分があることでしょう。
しかし、そこで無理をして体を壊したり、精神的に病んでしまいうつ病などになってしまったら元も子もありません。

そんな状態になってしまったときに、一体だれがあなたを助けてくれるというのでしょう?

薄情だとか冷たいとかそういう問題ではなく、世間は何だかんだ言って自分たちのことで精一杯です。
自分のことを犠牲にしてまであなたの人生を助けてくれるような人は、残念ながらそうそう居ません。

ですので、自分が倒れてしまっては元も子もないし、自分が病んでしまったらお終いだ~ぐらいに思っていた方が良いです。

自分のことをもっと大切にしましょう!ということです。

 

出来ることと出来ないことを考える

さて、仕事が忙しかったり、難しかったり、仕事の内容が覚えられなかったり、とにかく仕事が順調に行っていないと、「仕事が辛い」「仕事に行きたくない」と思うことでしょう。

しかし人間出来ることしか出来ないのです。

どんなに周りの同僚の人が当たり前にやっている仕事も、あなたからしたら当たり前に出来ないこともあるでしょう。
それは得手不得手(えてふえて)もありますし、能力の差もあります。

周りのみんなは出来るのに何で私はこんなに仕事ができないのか・・・

これは本当に辛いですよね。
人は誰にも必要とされていないと感じてしまうと、ものすごく精神的苦痛を感じるものです。

しかし、しかしですよ。

当たり前のことを言いますが、誰だって「出来ることしか出来ない」のです。

もし出来ないことが出来なくて、それを苦痛に思っているのなら、考えるべきことは「出来ないことをきちんと自身で認めて、そして無心で努力する」しかないのです。

出来ないものは出来ない!
自分の能力や実力はこんなものだ!

それを認めた上で、周りの目を気にすることなく、少しでも前に進めるように努力するしかなにです。

自分なりの努力で良いのです。

 

スポンサードリンク

 

周りの目を気にして働いていないか?

冒頭でも書きましたが、身体的に辛い過酷労働であったり、生活できないほどの低賃金である場合などは別ですが、「仕事に行きたくない」「仕事が辛い」などと精神的に参っている人などは、実は周りの目を気にし過ぎている人が多いのです。

自分ではそんなことは無いと思っていても、無意識にでもつい周りの目を意識しているのです。

それが決して悪いというわけではありません。

ただ、周りを気にするあまり、本来やるべきことがおろそかになってしまったり、手を抜いて成果を上げようとしなり、失敗を異常に恐れたりなどしてしまうのです。

例えば、

  • 仕事が出来ない、使えない奴だと思われたくない
  • 出来ないことや失敗したことで怒られたくない
  • 周りから陰口を叩かれている気がする
  • 皆に嫌われている気がする

このような被害妄想に囚われてしまいますと、自分で自分の首を絞めているようなものです。

周りの目を気にし過ぎてしまうということは、実はとても恐ろしいことであるのです。

うつ病などの精神的に病んでしまう人や、引きこもりニートなどになってしまう人は、その大半が「周りの目を気にし過ぎている」という特徴があります。

 

仕事は開き直る

仕事が辛いと思ったら無心で開き直れ!

自分の出来ることを無心に頑張る

上で書いたことと重複しますが、結局仕事というのは自分の出来ることを無心で努力するしかないのです。

その上で人と差が出てしまうことはしょうがありません。

「あの時にあーしておけばよかったのに・・・」
「もっとしっかりチェックしておけばよかった・・・」
「あの仕事出来てないからきっと怒られるんだろうな~」
「明日も成果が出ないんだろうな~」
「もっとしっかり教えてくれれば出来るのに!」

仕事が上手く行かないときというのは、得てしていろいろと不満が出てしまうものです。

それは誰が聞いても正しい意見かもしれません。あなたに非はないのかもしれません。
しかし、それらがきっかけで不平不満が募ってしまうと、微妙に歯車が狂い始めてしまうかもしれませんし、失敗や成果が出ないことでいつまでもウジウジしていても仕事は出来るようになりません。

結局仕事というのは出来ることを自分なりに努力して、ただ頑張るしかないのです。

それは社畜になってでも努力して頑張れ!ということではありませんよ。
自分の出来る範囲で出来る努力を無心でするということです。

余計なことを考えたり、マイナス思考に陥ったり、不平不満を募らせたりしても、それは仕事の向上にはつながりにくいですし、時間の無駄だと思うのです。

周りの目も気にする必要はありません。

言いたい人は好きなように言わせておけばいいですし、あなたには関係ないことです。

それらが気になるのであれば、仕事で見返してやれば、すぐに誰も何も言わなくなるものなんですよ。

 

 

安易に逃げるべからず

最後に言っておきますが、仕事が辛い、仕事に行きたくないという思いに囚われたとしても、決して安易に逃げてはいけません。

逃げてはダメというのは、会社を辞めたり、会社に行かずに家に引きこもってしまったりということです。

この記事の最初の方に書きましたが、体に支障が出たり、精神的に参ってしまうときは別ですが、安易に自分自身に逃げの口実を作って、自分を正当化して逃げるときは注意が必要です。

それは、必ず「逃げグセ」がついてしまうのです。

どこまで頑張れるか、これ以上仕事を続けたらやばいかな?などという線引きはとても難しい問題ですし、人によって千差万別です。

ですから、あくまで自己判断でしかありませんが、自分の状況を見つめながら判断するしかありません。

逃げグセというのは本当についてしまうのです。
一度逃げたことがあるという経験が、二回目はさらに躊躇しなくなります。そして三回目と続くことによりどんどん免疫がついて、徐々にマヒしていきます。

これが「逃げグセ」なのです。

結構怖いことですよ。これ。

精神的に病むまで頑張り過ぎてしまったり、安易に逃げるぐらいであれば、思いっ切り開き直るぐらいがいいのです。

これは、周りの目を気にせず、無心に努力することに通じることです。

仕事が出来なくても良い!
人より能力が劣っていても良い!

もう思いっ切り開き直って、そして自分が自身で納得いくような仕事をすればいいのです。

そうすれば、必ず次の自分に、努力の結果が何かしら結びつくのです。

 

#NAME?

@type

 - 【仕事】, 【仕事】心構え, 【自己啓発】自分を守る ,