恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

何となく不安が付きまとう。でも自分で勝手に不安になるのはやめよう!

      2016/11/29

不安になる

 

何をするにおいても、まだ何もしていないにもかかわらず、人は何かと不安を胸に抱いているかもしれません。

 

 

なぜか日々不安がやってくる

 

不安の種

不安の要素は人それぞれ千差万別にあるかと思います。

  • 将来の不安
  • お金の不安
  • 仕事の不安
  • 人間関係の不安
  • 恋人の不安
  • 子供の不安

その不安な要素の大小は別にして、まだ来ない未来の出来事に対して、何かしら不安を抱いてしまう。

そんなこともきっと人間の持つ性(さが)なのでしょう。

人は、自分が知らないこと、わからないことなどに対しては漠然とした不安に襲われます。

例えば遊園地のお化け屋敷などもそうですよね。
先が見えない、何が出てくるのかわからない、どこからいつ出てくるのかもわからない。
そういった先が見えない状況に、人は「恐怖」を覚え、そして不安になってしまうのです。

ではその見えない恐怖からくる不安というのは、いったいどこから来るのでしょう?

それは自分の心から、自分自身で作り出してしまうのです。

同じ状況であっても、人によっては楽しみに感じる人も居れば、不安に感じる人も居るし、何も考えないでいる人もいます。

 

自分で勝手に不安心を煽ってしまう

要は不安の出所は、自分自身の心の持ちようなのです。

そんなこと言われても「そんなの知ってるわ!」ってなるかもしれませんが・・

不安を持った心というものは、人を臆病にさせ、勇気を失い、努力が出来なくなり、自信を失います。

そして、恐怖心からくる不安が、イライラを増幅させ、怒り・悲しみを生み、物事を消極的・悲観的にに捉えてしまうようになり、自分で自分の手足に鎖をかけてしまうのです。

なんとも不思議なものですよね。

まだ来ぬ未来のことを考えて、不安に陥り、自分の自由を自分自身で縛ってしまうなんて。

明日という未来を不安に思っても、思わなくても、来るべきことはやってくるのに・・

 

スポンサードリンク

 

不安なことは考えない

不安にならない

考えてもしょうがない

結局不安な心というのは、いくら考えても取り除かれないんですよね。

不安な気持ちになればなるほど、その心配事が現実に減っていくのであれば、大いに不安がれば良いのですが、残念ながら不安になっても心配事が減るわけではありません。

むしろ、不安心が不安心を呼び、負のスパイラルを巻き起こします。

不安を取り除くのは、その心配毎や見えない恐怖を打開すれば取り除かれますが、それが出来ないから不安なんですよね。

というより、その不安なことはまだやってきてないということもあるのです。

この不安って気持ちはわかりますが、百害あって一利なしだと思いませんか?

悩んでも状況は大して変わらないのに、人として大事な心がどんどん消耗していってしまうのですから。

だったらやはり「考えてもしょうがない」のです。

考えてもしょうがないことは、自ら考えないようにするのです。

その不安をどう取り除くのかではなく、その不安となる要素のことを頭に浮かべないようにするのです。

これは逃避とは違います。
目の前の問題から逃げるということではなく、目も前にまだない不安(マイナス要素)を排除するということです。

それはまったく別のことを考えるようにするのです。
楽しいことや気分が落ち着くこと、自分の心にとってプラスとなる要素を頭や心に費やすのです。

それだけでもとっても心にやさしくなりますし、不安要素もプラスに行くことが多々あります。

 

未来の不安は「今」の努力で改善する

まだ来ない未来の不安はいくら考えても解消されません。

未来の不安を解消するには、今現在の自分の努力による行動しかないでしょう。

お金の不安が付きまとっているのであれば、「今」出来る努力をして収入を増やすことをするか、今現在のお金でも生きていけることを大切にしていけるかです。

仕事の不安があるのであれば、「今」出来る努力を仕事に向けなければ、仕事が今以上に出来るようにはなりません。

人間関係でこの先もこんなよくない関係が続くことが不安であれば、「今」お互いにとってより良い人間関係になれるように努力をしなければ、良い関係は築けません。

決して無理をする必要はありません。
自分に出来ないことや、自分がやりたくないことをしても、きっとそれは長くは続かないし、むしろ今よりも状況が悪化する可能性もあります。

ですので、あくまで自分で出来る範囲の努力をしていき、それ以上のことは「運にお任せ」「流れにお任せ」でも良いのだと思います。

どうあがいても無理なものは無理ですし、もしかしたら必要以上のことを求めて勝手に不安になってしまっているのかもしれません。

誰かと比較して、自分が勝手に不安になっているだけかもしれません。

不安の要素は、自分の努力不足と、他人との比較心などから来るものが大半です。

このようなことを踏まえて、「必要以上に不安がらない」「今出来る努力をする」といったことが、日々の不安な心から開放されるのではないでしょうか。

 

#NAME?

@type

 - 【自己啓発】, 【自己啓発】悩み対策