恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

仕事に行くのが憂鬱なら仕事なんて二の次ぐらいに考えてやれ!

      2016/11/29

仕事に行くのが憂鬱

 

2016年の新年が訪れ、社会人はそろそろ仕事始めであることでしょう。

満喫したしないに限らず、年末年始でまったりした後の仕事始めは本当に憂鬱ですね。めんどくさいですね。

 

 

仕事に行くのが憂鬱だ~!めんどうくさい~!

どんなにきれい事を並べて、

「新年早々仕事に行きたくないなんてダメだろう」

「面倒くさいとか憂鬱だとか言ってたらそれこそ辛くなるわ」

「よ~し気合を入れて仕事頑張ったるぜ!」

などと思っていても、はっきり言って、正直に言って、「仕事行くの面倒くさいよね」「仕事行くの辛いよね」「仕事行くの憂鬱だよね」っていうのが本音ですよね。

いや、自分の弱気な部分を戒めて、自分を鼓舞して、自分に気合を入れて、そして頑張って仕事に励むのは凄い偉いです。

しかし、やはりそこに無理があると、つまり自分を騙し騙し誤魔化して、無理やり自分を奮い立たせようとしても、それで上手く乗り切れる場合もあるかと思いますが、やはりどこかでその反発が来るかもしれません。

だったらあまり無理しないで、自分に素直になって思いをさらけ出すのも有りではないかと思うのです。

「あ~仕事行きたくねぇ」

「めんどうくさい。マジでめんどうくさい。」

「早くロト6当たってくれないかな~」

「とっとと仕事終わらせて早く帰りたい」

これではダメだと思ってしまう自分も居るのはわかります。

しかし先ほども書いたように、無理に自分に真逆の思考を植え付けようというのは、少々無理があるのかもしれません。

仕事に行きたくない ⇒ 仕事に行きたい

仕事が嫌い ⇒ 仕事が好き

このように、ネガティブ思考を超ポジティブ思考で逆転させる方法も確かに有効ではありますが、やはり一時は自分を騙せたとしても、嫌いなものは嫌い、行きたくないものは行きたくない、という結末に落ち着くのは多々あることです。

しかもその反動により、自暴自棄、自虐、などの落ち込む要素のオマケ付きになったりもするから困ったものです。

そうです。
無理をするとかえってその反動により負の要素が大きく膨らむことがあるのです。

 

スポンサードリンク

 

憂鬱な要素に真っ向勝負を挑まない!

ネガティブ思考をポジティブ思考に逆転させるのは、やはりそう簡単なことではありません。

それをするのであれば、「小さいことからコツコツと」という精神で、決して焦らずに徐々に思考を変えていくしかありません。

どんな人であれ、いきなり「よし!やったるぞ!」と言って、スパッと切り替えられることなんてないでしょう。

それが出来る人であれば、きっと最初からポジティブ思考の持ち主です。騙されないで下さい。

さて、仕事に行きたくない、仕事に行くのが憂鬱だという、ネガティブ思考をスパッとポジティブ思考に切り替えられない人はどうすればいいのでしょうか。

それは「真っ向勝負をしない」ことです。

上でも書いたように、「仕事に行きたくない」というネガティブ思考に対して、「そんなんじゃダメだ!」「仕事もっと頑張るぞ!」などという真っ向勝負はオマケ付きの大きな反動がくることがあるということです。

そうならないために真っ向勝負はせずに、むしろ「肩透かし」を食らわせてやればいいのです。
つまり、相手にしないということです。

「仕事?とりあえず行くけどね。まぁ俺もいろいろ忙しいから」

「仕事なんてとっとと終わらせてブログ書かなきゃ」

「仕事よりも今は趣味や副業の方が大事なんだよね」

このように仕事に対して、真正面から悩みを解決しようとモヤモヤしたり、一生懸命ポジティブ思考に切り替えようと必死になったりするのとは違います。

悩みのタネ、悩みの思考の原因である「仕事」に対して、それを主軸に置かないということです。

「仕事?そんなの知るか!」

「こちとら仕事だけが人生じゃねぇんだよ!」

「他にもいろいろとやること(やりたいこと)があるんじゃボケ!」

「仕事なんて二の次じゃい!」

ということです。

仕事はやりますよ。もちろんしっかりやります。やってやりますとも。

でも、「仕事=人生」「仕事=自分の価値」「仕事=輝かしい未来」ってわけではないですよね。

一要素としてはあるかもしれません。しかし全てではありません。

要は仕事にしろ何にしろ、悩みのタネが解決しなければ、それで人生終わりでもなければ、未来がないわけでもありません。

だったらその悩みに対して無理に真っ向勝負をしても、体力と時間と精神力の無駄になるかもしれないから、だったらその体力と時間と精神力を他のものに使いましょうよってことですよ。

悩みの主軸をピンポイントで合わせてはダメです。

そうではなくて、別のものにピントを合わせるのです。

すると、もともとあった「仕事に行くのが憂鬱だ」「仕事に行きたくない」「仕事辞めたい」などという悩みなんてどうでもよくなります。

趣味にしろ、副業にしろ、家族サービスにしろ、それらをとりあえず人生の第一に考えて、仕事を二の次にしてやれば良いのです。

趣味や副業や家族などの自分の時間を大切にするためには、二の次である仕事をしっかりやり、とっとと終わらせなくてはなりません。

怒られようが、叱られようが、ミスをしようが、そんなものに時間を取られたら自分の時間が減ってしまいます。

「ハイハイ!」「すんません!」「気を付けまっす!」

と過度に気にせず、悩まずにとっとと終わらせましょう。

そして自分の好きな時間をもっと大切にしましょう!

 

最後に

自分の嫌なもの、苦手なもの、考えたくないものに対して、さらにプライベートの時間まで費やして悩んでしまう。

これって何なんでしょうね。
私もよくあることなんですけどね。

「好きなの?」

「嫌いなの?」

「どっちやねん?」

と言った感じですよね。

でも、やはり人生楽しくしたいのであれば、楽しいことだけを考える。嬉しいことだけを考える。

絶対そっちの方が良い人生が送れるはずです。

 

 

#NAME?

@type

 - 【ブログ】