恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

自信が持てない自分が嫌い。嘘でもいいから自分に自信を持とう!

      2016/06/30

 

自信が持てない

 

私もあまり人のことは言えないのですが、自分に自信が持てないということは、自分の可能性をみずからつぶしているようなものです。

 

 

自信を持つということは、なにも自分自身のことを過剰に大きく見せるということではありません。

必要以上に自分を大きく見せる必要なんてないし、必要以上に自分はなんでも出来るなどと思いこむ必要もありません。

ただ自分のことを信じてやるということなんです。

 

自信が持てないということは

自分に自信が持てないということは、自分自身を否定しているということです。

自分を否定するということは、自分の価値をどんどん下げているということです。

では自分の価値、人間の価値っていうのは何なんでしょうかね?

「自信」という字は読んで字の如く「自分を信じる」ということです。

自分を「信じる」ということは、冒頭でも書きましたが、「自分は何でも出来る!」「自分はもっと大成出来る!」「自分はもっと成功出来る!」などと、過剰に大きく見せることではありません。

もちろん自分自身の可能性として、「自分はまだまだこんなもんじゃない!」「こんなもんじゃ終わらない!」という気概をもって高い志を持つのはとても良いことです。

それこそ「自信を持つ!」ということにつながります。

しかし、自分自身を信じることが出来ないという人は、常に「自分を否定する」ということを意識してか無意識なのか区別なく、心のどこかで思ってしまっているのです。

「自信が持てない」と心に不安を常に抱えている人は、まずは「自分を否定する」ということをしないことに意識を向けた方がいいのです。

たとえ失敗しても、良い結果が得られなくても、心の中で「あ~やっぱり自分はダメだな」とか「なんでこんな失敗ばかりするんだろう」などと思わないことです。

ちなみに「自分は悪くない」「失敗したのは誰々が悪いからだ」などと、自分を否定したくないから他の誰かを否定するということは、逆に自信を持つことから遠ざかります。

あくまで失敗は失敗として一つのただの結果ととらえて、意識としては自分を否定することではなく、次の失敗しないための行動や考えを持つことです。

 

自分で自分をいじめるのは止めよう!

自分に自信が持てず、自分をつい否定してしまうということは、自分自身をいじめているということでもあります。

仮に自分自身を俯瞰して客観的に自信を見つめてみればいいかもしれません。

自分自身を他人に置き換えて、自分を見てみるのです。

実際の自分を「自分A」、その自分を客観的に見ているもうひとりの自分を「自分B」とします。
自分自身を否定している「自分A」が批判や否定しているのは「自分B」に対してです。

自分A「また失敗しちゃってるよ。ホントに自分Bはダメだな~」

自分A「なんでこんなことも自分Bは出来ないんだろう。」

自分A「何をやっても続かないし自分Bは根性ないよな~」

自分A「もう何やっても自分Bはダメなんじゃない?」

このようにいじめているのも自分であり、いじめられているのも自分です。

これは一種の自分Aのパワハラですよ。
いじめっこの自分Aが、自分なりに頑張っている自分Bを容赦なくパワハラしているってことなんです。

つまり自分に自信がなく、自分を否定してマイナス思考を持つということは、自分自身をいじめているということになるのです。

わかりますかね?

上でも書きましたが、まずは自分自身を否定しないことなんです。

そして自分自身をいじめないことなんです。

 

スポンサードリンク

 

自分を否定するマイナスな思考を頭に入れない習慣を身に着ける!

くどいようですが、自信が持てないという人は、まずは自分自身を否定することから止めてみましょう。

過剰に自信を持つ必要はありません。

「失敗しちゃったな~」

「あい!サーセン!」

「はい次々。次に行ってみよう!」

「失敗したけど私頑張ってよ!」

こういった感じで、まずは否定せずに、失敗したことや良い結果が出なかったことに対して、マイナスに囚われず、次に目を向けるのです。

もし自分を否定しそうになるのであれば、むしろきっぱり忘れてしまことの方が絶対に良いです。

自分を否定するぐらいなら記憶から抹消してしまった方がいいのです。

これは現実逃避とは違います。

そうではなくて、マイナス思考を持たない練習だと思って下さい。

そうして自分を否定せず、マイナス思考を頭に入れない習慣が付いてくれば、おのずと目の前のことに集中できるようになります。

目の前のことに集中することが習慣化してくれば、自然と実力がついてきます。

気づいたときには、少なからず自分に自信が持てていることに気づくことでしょう。

これを裏返すと、自分に自信が持てない人というのは、目の前のことややるべきことがそっちのけになってしまい、ひたすら自分を否定したり落ち込んだりしているのです。

やるべきことをほったらかして、どうでもいいことばかり考えていたら、それは当然次も上手くいかない可能性は高いですよね?
また失敗する可能性は高いですよね?

結果的にまたマイナス思考にとらわれて、結果的に自分を否定してしまい、そしてどんどん自信を失くしてしまうのです。

 

嘘でもいいから自信をもってみよう!

自分に自信を持つ

 

嘘でもいいから自分に自信を持つ習慣を身につけるのもいいことです。

上でも書きましたが、必要以上に自分を大きく見せる必要はありません。
出来ないことを自分は出来ると思い込む必要もありません。

前向きなのはとても良いのですが、過剰に自分を大きく見せようとすることは、現実から目をそらすことにつながりますし、そうなればこれはただの現実逃避になってしまいます。

ただ自分を否定して、マイナス思考につながるよりは何倍も良いかもしれませんが、「失敗した」「上手くいかなかった」という事象に対して、「自分は悪くない」「誰々が悪いんだ」などと他責に向かってしまう可能性があるからです。

 

では嘘でもいいから自分に自信を持つというのはどういうことなのか?

それは、まずは上で書いた「自分を否定しない」ことです。
そしてポジティブ思考を持つという習慣を持つことです。

たとえ失敗したとしても「そのうちきっと出来るようになるだろう」、勉強で良い成績が残せなくても「次は良い結果が出せるだろう」、仕事が上手くいかなくても「とりあえず目の前のことを頑張れば出来るようになるだろう」といった感じです。

もう一度言いますが、自信を持つということは「自分を信じる」ということです。

自分を信じるということは、「自分を否定しない」ことです。

自分を好きになることであり、自分ぐらいは自分の味方になってあげることです。

「自信を持つ」ということはそういうことなんだと思います。

嘘でもいいから自分を否定せず、嘘でもいいから自分を好きになる、そういう習慣を身に付けていけば、きっと知らぬうちに「自分に自信が持てる」ようになっているはずです。

自信は後からついてくるものだからです。

 

 - 【自己啓発】, 【自己啓発】悩み対策, 【自己啓発】自分を変える ,