恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

もう他人の目を気にするの止めた!本当の自由を手に入れよう!

      2016/11/29

 

あなたは他人の目が気になりますか?

誰か他人の目を気にするということは、それだけ自分のことを縛っているということなんです。

 

 

実は私も他人の目をひどく気にするタイプなんです。

誰かの顔色を窺ったり

誰かの視線を気にしたり

誰々が自分のことをこんな風に思っているのではないか?

あの人は自分のことを観察しているのではないか?

私は周りの人に相手にされていないのではないか?

なんて思っている自分が居るんです。

 

他人の目を必要以上に気にしてしまう人

人の目が気になる

もうはたから見たら滑稽ですよね。

あなたはどれだけ自意識過剰なんですかと、あなたはどれだけ不安で臆病なんですかと、自分で自分をバカにしてしまいたくなる気分です。

そんな風に「バカにされている自分」と「バカにしている自分」が心の中で混在することによって、その矛盾が今度はイライラを発生させてしまったり、不安や恐怖を増幅させてしまったり、そんな一人芝居を一生懸命しているわけです。

他人の目を気にしているといっても、あなたもご存じのように実はその他人はまったく関係ありません。

他人があなたに不安や恐怖を与えていると錯覚をしている人もいるかもしれませんが、実はそうではなく、あなたが勝手に自分自身で不安や恐怖を生み出しているのです。

わかりますか?

しょせん一人芝居の一人相撲なんです。

これを滑稽と言わずに何といいましょうか。

ハハハ

「笑い事じゃねーよ!」

なんて突っ込みを入れたくなりますよね。

他人の目を必要以上に気にしてしまうのは、やはり自分に自信がないんですよ。

自信がないわけではないとしても、他人の判断によってしか自分の価値が見いだせないということです。

つまり、本来あなた自身が見つめるべき相手は「自分自身」であるにも関わらず、なぜか他人ばかりをみているのです。

あなたはそんなに誰かによく思われたいですか?

それであなたは本当の自由を手に入れられますか?

他人の目ばかりを気にしているときに、空の高さや青さ、青々と茂った草木や綺麗な花、暖かい日差し、そんな自然の素敵さに気づくことができますか?

他人の目を気にして、他人のご希望どおりに自分を偽って、それであなたの不安や恐怖は拭い去れますか?

仮に一時できたとしても、またその繰り返しですよね?

それってつまり常に自分自身の不安や恐怖と付き合っていくということですよね?

 

どうですか?

これらを読んで、きっとあなたは「う~ん・・」と妙に考え込んでいることでしょう。

それ、もっともっと考えてみて下さい。

私もたくさん考えました。

自分がどれだけ他人の目を意識的にでも無意識的にでも気にしているのか、それをもっと見つめてみて下さい。

おそらく今までの人生、日々の生活の中で、実はほとんどの時間を、何かしら誰かしらを気にしてしまっているはずです。

他人の目を。

「これを言ったら嫌な顔されるかな?」

「これを言ったら怒られるかな?」

「こんな行動を取ったら嫌な奴って思われるかな?」

「あそこで発言しなかったのはまずかったかな?」

「さっきの人なんか私を見てたかな?」

「もしかして私の服装バカにされている?」

「もっと早くした方がいいのかな?」

「もっと頑張んないといけないのかな?」

細かいレベルで言えば、きっともっともっとたくさんあるはずです。

自分が他人を気にしている場面が。

こういうことを考えたり思うことはまだマシなんですが、ただ気にするのはダメです。

気にすることを止めていけば、きっと考えたり思ったりすることもなくなるはずです。

 

スポンサードリンク

 

他人の目を気にしないで自由を手に入れよう!

人の目を気にするの止めた

あなたの自由を奪ってしまっているのはあなた自身です。

いや、それも一理あるかもしれないけど、実際は「あの嫌な上司が」「むかつく知り合いが」「うるさい親が」「言うこと聞かない子供が」「収入が低い旦那が」「安らげない家庭が」って思うかもしれません。

それら周りの人間が自分を嫌な気分にさせなければ、私はもっと安心できるんだ。
私がこんなに不安やイライラした気分になるのは、決して私自身だけの問題じゃない!

って思うかもしれません。

しかし真実は、あなたがそれらの現象に対して、勝手に不安や恐怖を作り出しているだけなんです。

もうびっくりすほどあなたが勝手にそう思っているだけなんです。

自由を奪っているものというのは、

  • 今現在の不満
  • 将来の不安
  • 人間関係の不安
  • お金の不安
  • 自分の価値を見出せない恐怖
  • 孤独の恐怖

ざっと大きく言うとこんな感じでしょうか。

これらは他人の目を気にしたり、他人と自分を比較することによって生まれる不安や恐怖です。

しかし、他人があなた自身に不安や恐怖を植え付けているわけではありません。

あなたが勝手にその不安や恐怖を生み出しているのです!

誰かに何かをされたとしても、それをあなたが不安や恐怖にしなければ、きっとあなたの心は平穏のままでしょう。

何をされても何を言われても、あなたの心が自分だけを見つめていれば、何も変わらないのです。

あなたの人生はあなただけのものです。

親や子供も関係ありません。(大切にしなくても良いということではありませんよ)

あなた自信がどんなことに喜びや楽しみ、苦しみや悲しみを感じるかは、あなた自身だけのものなんです。

他人の喜びがあなたの喜びなら、どんどん他人を喜ばせればいいんです。

他人の喜びがあなたの喜びでないのなら、他人に関わるのは止めましょう。

他人を気にして不安や恐怖、イライラやストレスを感じるのであれば、他人に関わるのは止めましょう。

あなたはあなた自身が喜びを感じたり、楽しく感じることだけを気にすれば良いし、それだけをすれば良いのです。

悲しみや辛さ、不安や恐怖、それらがあるからこそ人は成長出来るし、自分自身を見つめることが出来ます。

そしてそれらは自分一人だけでは感じることは出来ず、他人が居て初めて感じることができます。

それはそれで良いのです。

ただその負の感情を野放しにしたままにしないでください。

すぐに手放すのです。

それを徐々に心がけて人の目を気にするのを止めてみませんか?

それが出来てくれば、驚くほどあなたは自由になれます。

ちなみに念のため言っておきますが、他人の目を気にしないといっても、誰かの嫌がることや誰が迷惑をこうむろうがまったく関係ないと言っているわけではありませんよ。

やはり他人に迷惑をかける行為は極力さけるべきです。

ただ、仮に誰かに迷惑をかけたとしても、それは本当にあなたの責任なのか?
あなたがそれをしなければ誰かは迷惑を受けたり傷ついたりしなかったとしても、それは本当にあなたの問題なのか?実は相手の問題ではないのか?

こういったことも意識してみて下さい。

気を付けるのは良いことですが、他人の目を気にする必要はありません。

わかりますか?

他人に配慮することは大切ですが、それが自分のためにならなければする必要がないのです。

あくまでも基準は自分自身に置くということです。

 

 

もう止めましょう!

必要以上に他人を気にするのを。

こんな記事を書いていますが、私自身も冒頭で書いたとおり他人の目を気にしてしまうタイプです。

ちょっと気を抜くと気にしてしまっている自分が居るんです。

でも他人の目を気にしなければしないほど、私はとても自由を感じます。

だからもっともっと自由を目指します。

自分で自分自身を縛るのをどんどん止めます。

あなたもくだらないことから解放されて自由になってみませんか?

 

#NAME?

@type

 - 【自己啓発】自分を変える