恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

仕事が面白くない!でもあなたはどれだけ仕事と向き合っていますか?

      2016/11/29

 

仕事が面白くない1

 

仕事が面白くない!仕事がつまらない!、そんな風に思う時期って誰にでもあると思うのです。

誰にでも仕事がおもしろくないと思う時期はあるのですが、その要因はまさに人それぞれなんですよね。

 

 

仕事を頑張っていない人の「仕事が面白くない」

そもそも仕事は必ずしも始めから面白いとは限りません。

自分のやりたかった仕事が他にあったかもしれませんし、他の人がやっている仕事が楽しそうに思えるかもしれません。

楽しそう、面白そうだと思っていた仕事でも、いざ実際に仕事をしてみれば、外から見た華やかさとは裏腹に実はとても地味で大変な仕事だったなんてこともあります。

こんなのはよくあることです。

少し厳しい言い方をすれば、上記のような考え方というのは、仕事とはどういうものかということをいまいち理解しきれていない状況だと思います。

社会人新人や転職などによって会社に入ってまだ間もない人や、部署移動などで新しい別の仕事に就いた人などに、このような理想と現実のギャップを作ってしまう人がいるかもしれません。

しかし、その最初の段階であり、まだその仕事の内容や役割をしっかりと理解していなく、またそれほど仕事をまだ頑張ってこなしていない状況にも関わらず、「仕事が面白くない」「仕事がつまらない」という人が居ます。

これははっきり言って

「あまちゃんです!」

「考え方がまだ未熟です!」

「子供と一緒です!」

と、はっきり言っておきます。

とは言っても、最初は誰だって仕事に対する理想と現実のギャップを体感して、そして徐々に社会人になっていくわけですから、それが悪いとかそんな人間はダメだとか言っているわけではありません。

今現在、上司やリーダーとしてバリバリ仕事をこなしている人だって、新人の頃や今の仕事に就いたばかりの時期は、もしかしたら同じように「仕事が面白くない」と思っていたかもしれません。

ただ、ここで言いたいのは、「仕事をまだそれほど頑張っていない人」や「目の前の仕事ときちんと向き合っていない人」、はたまた「仕事の成果や評価がすぐに上がらないと拗ねている人」というのは、もう少し目の前の仕事と向き合ってみてはいかがでしょうということです。

仕事が面白くない、仕事がつまらないというのは良いですが、上記のようなまだ仕事と向き合っていない段階であれば、そのままズルズルと仕事を頑張ることなく、ふてくされていたり、すぐに会社を辞めて転職したりしても、きっといつまで経っても仕事が面白くなることはないでしょう。

例え「たまたま」楽しい仕事にありつけたとしても、いずれまたすぐに飽きがきて仕事がつまらなくなると思います。

要は如何に「仕事を自分なりに頑張ったか」「仕事にきちんと向き合っていたか」「その仕事をする意味を理解しようとしたか」このような精神を持っているか、または持とうと努力しているかということです。

 

仕事が面白くない2

 

仕事を頑張っている人の「仕事が面白くない」

さて、冒頭では「仕事が面白くない」と思う時期は誰にでもやってくるものだと書きましたが、それはどんなに目の前の仕事を一生懸命頑張ったり、しっかりと仕事と向き合っていた人でも訪れることがあります。

「なんか最近仕事が面白くなくなってきたな~」

「最近仕事に身が入らないんだよね~」

 

まぁありますよ、こんな時期が誰にだって。

ただこのように思う時期や要因というものも、まさに人それぞれ千差万別です。

  • 仕事を頑張り過ぎた「燃え尽き症候群」
  • 同じ仕事を何年もしているマンネリ
  • どんなに頑張って成果を上げても評価されない
  • どんなに頑張って成果を上げても給料が上がらない
  • 会社の組織的に何年経っても下っ端のまま
  • 仕事だけでなくプライベートも上手くいかない
  • どんなに仕事を頑張っても家族に大事にされない
  • etc

ホント人それぞれ色々とあるかと思います。

しかし仕事と向き合っている人というのは、

「目の前の仕事を自分なりに頑張ってきた」

「成果はそれほどではないけど真面目に仕事に取り組んでいた」

「正直つまらない仕事だったけど、やりがいを見つけて頑張った」

このように自分の今までしてきた仕事に対して、何かしら前向きに思えることがあるものです。

これが上で書いた仕事をあまり頑張っていない人であれば、

「だって仕事が面白くないんだもん」

「だって頑張ったって評価や給料も上がらないし」

「だって上司や同僚が嫌な人なんだもん」

このように何かしらの「他責」に思考がいってしまう傾向があります。

もちろんそうでない人もいるかもしれませんが。

 

さて、仕事が面白くないと感じて、その後をどのような行動にするかは人それぞれです。

  • 転職して新しい職場を探して見る
  • 部署移動を願い出て別のことにチャレンジする
  • あせらずにもう少し様子を見る
  • あきらめて今のまま頑張る

仕事としっかりと向き合って、仕事をそれなりに頑張ってきた人と、そうでない人では、同じ行動(転職や部署移動など)を取ったとしても、その後の仕事の取り組みでまた差が出てきます。

要は、目の前の仕事に自分なりに頑張っていない人は、どこにいっても何をやってもそう上手くいくものではないよ。ということです。

逆に目の前の仕事を自分なりに頑張ってきたという人は、その後の方向性も見つけやすいし取り組みやすいし、また頑張ることも出来ます。

そういうことなんです。

 

スポンサードリンク

 

とりあえず自分なりに頑張ってみる!

何も努力しろとか、必死に頑張れとか、周りを見習え、なんていうつもりは毛頭ありません。

私のモットーは基本的には「自分なり」ですから。

どんなに「頑張る」「努力する」と言っても、それが自分なりのものではなく、「みんな頑張っているから」「周りも同じだから」「仕事が出来ないとダメだから」といった発想は必要ないと思っています。

あくまでも「自分なり」に「自分のため」に「自分の人生を楽しむため」にするという考え方が大切なのです。

仕事というのは、

  • 誰かが面白くしてくれるわけではありません。
  • 会社が育ててくれるわけではありません。
  • 社長があなたの生活を保障してくれるわけではありません。
  • 上司や先輩があなたのために尽くしてくれるわけではありません。
  • 会社や上司があなたの人生に責任を持つわけはありません。

自分の人生ですから、自分のことは自分で行い、見つけ、決断しなければいけません。

人は基本的に仕事をしなければ生きていけませんから、自分の人生をより楽しく謳歌(おうか)するためには、仕事をこなす「力」を身に付けなければいけません。

もちろん自分なりで良いんです。

その「力」を身に付けるためには、今目の前の仕事に如何に向き合うか、如何に自分なりに努力して頑張るかが必要になってきます。

それが無ければ、仕事をする能力や力も身に付きませんし、仕事の良し悪しも判断できません。

仕事に対して、何が良くて何が悪いのか、働く環境、給料の妥当性、社長や上司、同僚などの仕事を通した関係性などを見抜く力を付けなければ、いつまでたっても上手くいきません。

そういった力や能力を身に付ければ、仕事を通してより人生がきっと楽になります。

不満や愚痴もきっと減っていきます。

将来の不安などもそうです。

もし、今のあなたが「仕事が面白くない」「仕事がつまらない」と感じているのであれば、そして仕事に対してまだそれほど向き合っていると言いきれないのであれば、少し仕事と向き合ってみませんか?

自分なりで良いですから。

 

#NAME?

@type

 - 【仕事】心構え