恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

すぐ怒る人は「プライドが高い」のではなく「プライドが低い」んです。

   

 

昔に比べ、最近はすぐに怒る人、短気な人、イライラする人がとても多くなったと言われています。

そしてプライドが高い人もよく怒りやすいとも言われています。

 

プライドとは?

プライドの意味を辞書で調べてみると、「自尊心」「誇り」という意味で表されています。

では「自尊心」とはどういう意味かというと、簡単に言うと「自己を肯定して尊重する」といったところでしょうか。

自分自身の人格や思想などを大切にして、自分に誇りを持つというようなことです。

では「誇り」とはどういう意味かというと、これまた同じような意味合いですが「自身が名誉に感じる」といったことです。

つまりプライドとは、個人個人の自己によって違うということです。

プライドのレベルというか価値観は、人それぞれ千差万別ということですね。

ある出来事や感情に対して、他の人は別に尊重に値しないし名誉とも感じなければ、そこにプライドを持つ(感じる)といったことはないでしょう。

他の人はそうでもまた別の人は、その出来事や感情に対して尊重すべきと感じたり、誇りと感じる人も居ます。

そのような人は、それに対してプライドを持つ(感じる)ことでしょう。

プライドは自尊心や誇りといった意味とされていますから、例えば誰かに何かを言われたときに、その言葉で傷つく人もいれば何も気にしない人もいます。

自分の持っているものを褒められれば喜び、バカにされれば傷ついたり怒ったりするということです。

正にプライドとはその人の価値観と言っても良いかもしれません。

 

プライドが高いとは?

プライドが高い

ではよく言われる「プライドが高い」とはどういう意味でしょうか?

上で書いたようにプライドとは「自尊心」や「誇り」です。

人それぞれの価値観によってプライドは異なります。

ということは、プライドが高いということは、本来の意味で言うと「自尊心」や「誇り」と感じるレベルが高いということになるかと思います。

つまりその人の人格のレベルであり、その人の価値観がより高尚(こうしょう)(知性や品格、言動などが上品である)ということです。

簡単に言うと、心が広い人とか、人の気持ちが分かり思いやりがある人、それでいて人としてあり方や、自身が感じる良し悪しには誇りをもっているといった人のことです。

しかし、世の中の一般的では実はまったく逆の捉え方で使われていることが多いですよね。

そうです。

俗に言う「プライドが高い人」というのは、実は真逆の「プライドが低い人」ということになるんです。

 

スポンサードリンク

 

「すぐ怒る人=プライドが高い」ではない

よく世間では、すぐ怒る人や、他人と協調することをしない人や、自己中心的で思いやりが低い人に対して、「あの人はプライドが高いから~」と使われることがあります。

しかし上で書いたとおり、実はこれまったくの逆です。

実はそのような人は「プライドが低い人」なのです。

では「プライドが低い人」と思われる人の特徴としては、人の意見に流される人であったり、自分自身の価値観がないと思われている人や、自分の意見を言わない人のことを言ったりしますよね。

これは半分当たっているし半分は違うかもしれません。

どういうことかと言うと、本来その人は自分自身が感じるプライド(自尊心や誇り)があるにも関わらず、そのプライドを捨てたり大切にせずに他人ばかりを優先してしまう人は、きっと「プライドが低い人」であると言えます。

つまり自分自身の自尊心や誇りを裏切っているということです。

逆にプライドが低い人と思われている人でも、実はそのように見る人のプライドよりも上をいっているプライドであれば、それはプライドが低いどころか、むしろプライドが高い人です。

人はしょせん自分の価値観以上のことは理解できません。

あの人はプライドが低いと思って見ている人にとっては、その出来事や感情はプライドに触るかもしれませんが、その人にとってはそんなことはどうでもいいと感じていたり、小さいことであり取るに足らないことだと感じているかもしれません。

ということは、世間一般的にプライドが高いと言われるような、すぐに怒ったり自己中的な人は、プライドが高いのではなくプライドが低いということが大半かもしれません。

すぐ怒る人というのはそれだけ自尊心(プライド)が低く心が狭い場合が多々あります。

他の人では気にしないことを神経質に気にしたり、他人の目や自分がどう思われているかを必要以上に気にしていたりということです。

怒ったりイライラしたりするということは、それだけ心に恐れを感じやすいということであり、わかりやすく言うと「気が小さい」「びくびくし過ぎ」ということになります。

逆にプライドが高い心が広い人や、おおらかな人、他人に対して思いやりや包容力がある人というのは、そうそう怒ることはありません。

長い目で広い目で物事や人を見ることが出来るからです。

ですから、本来「プライドが低い人」に対して「プライドが高い人」なんて思うことは違いますし、むしろそんな人に「プライドが高い」なんて言ったら余計に自尊心がくすぐられて喜んでしまうかもしれません。

実は真逆なのに。

それでその人や周りの人が幸せになることはありませんから。

このようなプライドの高い低いをある程度理解して人を見てみると、いろいろと真実に気が付くことが出来るかもしれません。

 

 - 【自己啓発】自分を守る