恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

あのなぁ仕事が出来るからって人間性が優れているわけじゃないぞ!

   

 

社会に出て会社に入り仕事をしていると、当然ながら社長がいて役職のついた上司がいて、先輩がいます。

会社では、基本的には後輩は先輩の言うことを聞き、上長の命令は基本的には絶対ですよね。

でもね、それはあくまでも会社内、仕事に関することだけであり、人間性に関してはまったくの別物ですからね。

 

 

会社の上下関係とは

会社では基本的に縦の関係で成り立っています。

社長(経営者)がいて、役職の中でも副社長・専務・部長・課長・主任などといった上下関係がありますよね。

それらはより偉いといった上下関係でもありますが、要は責任と権限の上下関係です。

なぜ社長は偉いかというと、会社の舵取りを任されて、経営が悪化すれば経営者である社長が最終的には責任を負います。

会社を運営する上でのお金の問題もそうですよね。

このように、部長であればその部内の責任があり、課長であればその課内の責任がります。

そしてその責任を背負う代わりに部下よりも収入が上がるというわけですよね。

年功序列という制度はまだまだ根強く残っていますが、年齢はあまり関係ありません。

年下の部下なんて今では当たり前の世の中になっていますし、出世して役職になっても、とんだ拍子で転落するなんてこともざらにあります。

例え役職などの肩書きがついていなくても、仕事が出来る先輩なども、似たような上下関係が自然と成り立ちます。

このように社会は縦社会であり、人間関係とは上下関係が基本にあります。

これはどんなに嫌な社長や上司であっても、その会社で従事しているうちはしょうがないことでもあります。

社長や上司も、社員の責任、部下の責任はすべて自分の責任になりますからね。

しかしこれはあくまでも「仕事」の話であり「会社」の話なんです。

どんなに仕事が出来る上司や先輩であっても、それはあくまでも今の会社だけの話なんですよ。

 

仕事が出来るからって人間性が優れているわけではない

仕事が出来るからって人間性が優れているわけじゃない

何も仕事が出来る人に対する僻みとかもっているわけではありませんよ(笑)

ただですね、上司や先輩、仕事がすごい出来る人でも、人間性的に幼い人や器が小さい人というのも世の中にはたくさんいます。

意地悪な人も冷たい人も、会社を出れば嫌な性格の人もたくさんいます。
(当然ながらまったく逆の人もいます)

あなたが今一緒に仕事をしている、何となく好きになれない人や嫌いな人というのは、もしかしたらそういう人間かもしれません。

逆に自分が幼く世間知らずな人間であれば、同じように思うことも知っていて下さい。

自分が社会的にまだ未熟であり、何が正しくて仕事とはどうゆうものかということが、まだしっかりと理解していなければ、あなたは社会の厳しさを読み違えることもあるということです。

ただ、今日の記事で言いたいことは、

  • 仕事の出来と人間性を一緒にしない視野を持つこと
  • 仕事が出来る人の言うことは何でも正しいと思わないこと
  • 仕事が出来ないからといって自分を卑下しないこと

このようなことを思っています。

なぜこのようなことを言うかというと、仕事と人間性をごっちゃにしている人が多いからです。

このような視野で見ていると、人を見る目がどんどん誤った方向へ行く可能性もあります。

仕事が出来る人間が人として必ずしも尊敬できる人間とは限りません。

仕事が出来ない人間が人としてダメであるとも限りません。

その仕事が世の中の全てを反映しているわけではないということです。

優れた人間だと思っていても、それはあくまで仕事上の側面だけかもしれん。

あなたがもし仕事が出来ない人だとして、仕事が出来ないからといって人間性まで否定されたら悔しくありませんか?

「ふざけんな!」

「あなたに私の全ての何を知ってるんだ!」

って思いませんか?

逆に言うと、仕事が出来る、仕事が出来て尊敬するというような人でも、それはあくまでも仕事上の側面だけで判断しているということです。

 

スポンサードリンク

 

広い視野で人を見よう!

このように「仕事の出来=人間性」という偏った見方をせずに、仕事は仕事、人間性は人間性という、冷静で広い視野で世間を見れるようになれば、それだけものの本質を見ることができます。

仕事が出来て尊敬できる人だと思ったら、実は冷たい人だった。

仕事が出来て誰にでも優しいと思ったら、気に入らない人には嫌がらせをしていた。

仕事が出来てすごいやり手だと思ったら、ただの自己中でわがままな人だった。

仕事が出来て誰とでも仲良くできる人だと思ったら、実は人を選んで差別をしていた。

仕事が出来てかっこよく見えて、付き合ってみたら中身はダメ人間だった。

仕事が出来てかっこよくてつい不倫したらあっさりと捨てられた。

仕事が出来なくて使えない人だと思ってたら、実はすごい優しい人だった。

仕事が出来なくてどんくさい人だと思ってたら、家庭では家族思いで何でもする人だった。

仕事が出来なくてコミュニケーションも取りづらい人だと思ってたら、少し内気で口下手なだけで実はしっかりとした考えを持っていた。

視野を広げて、なるべく偏見なく人や物事を見れるようになれば、このように様々な気づきを持てるようになります。

仕事なんてものは、どんなに理不尽で、納得いかないことがあっても、それでもやらなければいけないことは多々あります。

社会とはそういうものでもあります。

しかし、それが正しいかというとそれはまた別の話です。

ですので、それが正しいとは思えなくてしぶしぶ仕事のために頑張るのと、上司や先輩が言うことは何でも正しいと思いながら頑張るのとでは、その後の自分が上に立ったときに差がでてくるかもしれません。

どんなに仕事が忙しくて、理不尽に仕事をやらされていても、心は社畜にならずに冷静に会社や仕事を見定めることもできます。

 

ただし、最後に言っておきますが、

  • 仕事とは大変で理不尽なことも多いと認識すること(仕事とはそういうもの)
  • 仕事や上司・先輩には、仕事をする上では謙虚な姿勢でいること
  • 仕事は出来るけど人間性はダメな上司だとしても、仕事はあくまでも上司を立てること

このような心持もとても大切なことです。

そうでないと、自分もまた偏った色メガネで人を見ることになってしまいますから。

 

まぁごちゃごちゃと書いてきましたが、はっきり言ってしまうと、仕事が出来たり地位が高いだけで偉そうにしていたり、仕事以外のことでも自分の言うことが正しいと思っている人間が好きじゃないんですよね。

そして、そういった傲慢な上司や先輩を崇める(本音か建前かは関係なく)下の人間も好きじゃないんですよね。

アホか!

くだらん!

という感じですよね。

でもそのような視野でいると、仕事や上司に対して変にビクビクすることもなくなってくるし、それでいて仕事や上司に対して謙虚さしっかり持っていれば、逆に堂々とした人間に見えるんですよ。

最初の方でも書きましたが、会社や仕事は縦社会です。

ですので立てるところはしっかりと上司を立て、仕事には謙虚に取り組み、要領よく人間関係を築いていかなければ、出世や評価が上がらないですから、そこは上手いこと立ち回って下さい。

ただ心はしっかりと持ちましょう。

 

#NAME?

@type

 - 【仕事】上司・リーダー, 【仕事】心構え