恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

結婚はゴールではない。新たな区切りのスタートだ!

   

 

結婚はゴール、結婚はスタート

よく結婚はゴールではなくスタートだとか言いますよね。

要は結婚に対する言い回しや、その時々の立場や心境によって解釈が変わるだけなんですけどね。

 

 

結婚がゴールという解釈

まぁ実際は結婚がゴールだなんて誰も大して思ってないと思います。

独身の人から見たら、きっとそれは(独身生活の)ゴールであり、既婚者からしたらゴールではなく新たな人生の始まりですよね。

このような解釈もありますが、実際になぜこのようなこと(結婚はゴールではない)が言われているかというと、「結婚=幸せな人生」という解釈をしているのが一般的だからですよね。

「結婚=幸せな人生」という解釈をしている人が、実際に結婚後も幸せであれば言うことありませんし、そのような人も多くいるでしょう。

しかしそうではなく、「結婚≠幸せな人生」なんて人もたくさんいるわけです。

なぜですかね?

恋人たち、婚約者たちが結婚をするときというのは、その大半の人たちは「ラブラブ状態」なわけですよ。

ごく一般的にはね。

いわば「ラブラブ絶頂期」なタイミングであり、大抵は以下のような状態です。

  • 相手の良いところばかりに目が行って恋は盲目状態
  • 相手の嫌なところも気にならないか目が行かない盲目状態
  • ラブラブ状態のときは相手の嫌なところも許容できる
  • 結婚後の楽しい生活にしか頭で想像できない

このような状態が決して悪いとは思いませんが、結婚後に「「結婚=幸せ」なんて違っていた!」「結婚を甘く見るんじゃないよ!」なんて思う人は、得てして上記のような状態で結婚をしたのかもしれません。

これがもし、恋は盲目状態ではなく、結婚とはどういうことか、結婚後にこの人と一生を共にするというのはどういうことか、ということを少しでも想像するような人であれば、きっと結婚後の人生や生活に必要以上に失望することはないでしょう。

 

ラブラブ状態はいつまでも続かない

ラブラブ状態はその大半の人はいつまでも続くわけではありません。

それは相手が嫌いになるとか、相手に関心がなくなるとかそういうことではありません。

今まで恋人状態であった二人が、結婚して夫婦になることにより「恋人」⇒「家族」に変わるということです。

姓を共にして、毎日毎日顔を合わせて生活するということは、新たな家族の出来上がりです。

そうすると相手が居ることが当たり前になり、もちろん好きで一緒になったのですが、その愛情表現は徐々に恋人から家族とした感情に変わってきます。

そうなると相手の嫌な面や、今まで気にならなかったけど我慢できないことなどが目についてきます。

これは止むを得ないことでもあります。

しかし、恋は盲目状態の人が、結婚して家族になったとしても、いつまでも家族になったという認識が持てずに、恋は盲目状態を続けたい願望があるとしたら、きっと結婚生活に幻滅することでしょう。

そしてこう言います。

「結婚はゴールじゃない!」

「想像してた結婚生活とは違った!」

「相手を間違えた!」

「離婚したい!」

このように思う人というのは、昔の人にくらべ年々多くなっています。

その結果、昔に比べても離婚率が上がっており、今じゃ3組に1組は離婚するとも言われています。

このような人たちというのは、独身時代の結婚に対する認識が甘すぎたり、結婚後に人生観などの意識の変化が出来なかった人なのでしょう。

結婚とは新たに家族を作ることであり、家族になるということは、今までの恋人同士の愛情から家族の愛情に変わっていくということです。

愛情の質が徐々に変わっていく過程では、それぞれの夫婦で紆余曲折様々なことがあるでしょう。

そういった相手の良いところ悪いところをお互い許容しながら、そして時には我慢したり思いやりを持ったりしていくのが夫婦であり結婚生活です。

 

スポンサードリンク

 

結婚とはゴールでありスタートである

このように考えると、結婚とはやはりゴールとも言えますし、新たなスタートとも言えます。

自分自身の人生の切り替え時期です。

  • 独身生活のゴール
  • 自分勝手な生活にゴール
  • 古い家族生活のゴール
  • 新たな共同生活のスタート
  • 新たな家族生活のスタート
  • 自分自身を切り替えるスタート

こんな感じです。

ですので、このようなゴールとスタートの切り替えが上手く出来ない人は「結婚に幸せを感じず」、切り替えを徐々に出来る人というのは「結婚に新の幸せを感じる」といったことが言えるかもしれません。

ただ切り替えのスピードやタイミングは人それぞれであり夫婦それぞれです。

結婚当初から新たな幸せを感じる人もいれば、年老いた老夫婦になって初めて幸せを感じる人もきっといます。

でも大切なのは「終わり良ければ総て良し」だと私は思います。

結婚に限らずですが、結局は「終わり良ければ総て良し」になれば万々歳ではないでしょうか。

それまでは様々な苦労や我慢をしたり、嫌な思いや辛い思いをしてきても、最終的に幸せを感じることが出来れば、それらの嫌な思い出は、きっと良い思い出に切り替わります。

今日の記事で言いたかったことは、「結婚を幸せと感じるか不幸せと感じるかは自分次第」ということです。

自分を幸せに出来るのは、伴侶ではなく自分自身ということですね。

でもそのことに気づくのに、その伴侶の存在はきっと欠かせないことでしょう。

最後に、今回は結婚のことだけで、子供の出産には触れませんでしたが、子供が生まれれば結婚後の切り替えよりももっと大きな転換期になると思います。

結婚後の数年はラブラブ状態の夫婦はたくさん居ますが、子供が生まれると更なる成長が必要になりますよ。。。

今まで存在していなかった家族が増えるんですから当然ですよね。

でも、苦労があってもそれ以上の幸せがそこにはあります。

それも結局はあなた次第なんですけどね。

 

 - 【恋愛・結婚】