恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

人は他人と比較したとたん急に不幸になる。

   

 

 

人が不幸と感じることは人の数だけいろいろとあることでしょう。

人の幸せや不幸せとはいったい何なんでしょうかね?

 

 

人が不幸と感じるとき

人が不幸を感じるとき、自分の不幸に思い悩むとき、それはいったいどのようなときでしょうか?

人が不幸と感じることは、

  • 友達がいない
  • 恋人がいない
  • 独りぼっちと感じる
  • お金が無い
  • 将来のお金の不安がある
  • 勉強ができない
  • 仕事ができない
  • etc

これは多くの人が、世の中の大半の人が感じている、不幸と感じてしまうことの例です。

これらのことが一切思い当たらない、もしくはほとんどあまり当てはまらないと思う人は、きっとそれだけ不幸を感じている割合も少ないと思います。

これらの悩みは本当に人にとっては切実な悩みであり、生きていく上で常に思い悩んでしまう悩みの多くが当たります。

しかし、孤独やお金が無いことなどは確かに悩むことではありますが、世の中には孤独でも幸せを感じる人もいれば、お金が無く貧乏でも不幸を感じない人もいます。

勉強や仕事が出来なくても、マイペースでやりながら、幸せは感じなくても不幸とまでは感じていない人もたくさんいます。

これはどういうことでしょうか?

人が不幸と感じることに、上で羅列したような内容の大半が含まれます。

しかし、同じ「友達がいない」「恋人がいない」「お金が無い」「勉強ができない」「仕事ができない」ということがあっても、人によってはそれらが不幸の要因とはならないということです。

逆に言うと、それらがあれば幸せだということもないということです。

では、人はいったいなぜ不幸を感じるのでしょうか。

それは「他人と比較」をしてしまうときです。

 

スポンサードリンク

 

人は他人と比較したとたん急に不幸になる

全ての人がそうであるとは言いませんが、上記で羅列した不幸の要因が起こることによって、多くの人は不幸を感じます。

しかし、お金が無いとか孤独とかそれ自体が不幸であるわけではありません。

孤独、お金がない、将来の不安、勉強、仕事、といった不安要素は、「他人と比較」することによって不幸を感じるようになってしまうんです。

恐ろしいですね。

例えば、今まで家族で貧乏ながらも楽しく幸せに過ごしていた家庭が居たとします。

この家庭は、貧乏でも家族仲良く過ごせることに幸せを感じ、将来の不安も無いと言えば嘘になるが、そこまで悲観しないで今を楽しく過ごしていました。

しかし、子供が大きくなってきて、自身の家庭と他人の家庭とを比較する機会が増えてくると、妙にいろいろ不安や恐怖が湧き出てきました。

「うちはこのままで本当に良いのだろうか?」「他の家庭はお金もあって持ち家もあっているのにうちは賃貸のまま」「他の家庭の子供は色々なところに遊びに連れて行ってもらっているのにうちはいつも家の近くばかり」

このように今まで感じなかった不幸が、他の家族を意識したとたんに急に自分たちが不幸と感じ始めてしまうのです。

友達や恋人が居ない人もそうです。

例えば、今までは友達や恋人が居なくても、自分の好きなことばかり楽しんだり、自分の好きなように時間も使っていました。

全てを自分の好きなようにコントロールできるのですから、一人の方がよほど快適な生活だと思います。

しかし、年齢を重ねることにより、徐々に周りの同年代のことも気になり始めます。

自分以外の人はみんな楽しそうにつるんで遊んでいる。

自分以外の人は、多かれ少なかれ友達は居るし、恋人経験もあります。

他人を意識し始めたとたん、「自分はこのままで良いのだろうか?」「なぜ自分には友達が出来ないのか?」「自分は将来恋人や結婚なんて出来るのだろうか?」「自分の何が悪いのだろうか?」などと悩み始めます。

このようなことは、世間知らずで視野が狭い人が、世の中の厳しさを目の当たりにして自身の意識が甘かったという「気付き」をもたらしてくれる場合もあります。

だからこのようなことが悪いとは一概には言えません。

しかし、今まで不幸と感じなかったことが、他人と比較をしてしまった瞬間に不幸を感じ始めてしまったことは事実です。

このようなことって、日常の些細なことでも思い当たることはありませんか?

何かがあったから不幸になる。

何かがないから不幸になる。

このようなことは確かにあるかと思いますが、それでも他人と比較さえしなければ不幸を感じないこともたくさんあるのです。

家族に恵まれて、勉強も成績が良く、お金もあり、家も車も持っていて、旅行にも家族でよく出かけたり、そんな一見幸せな家庭を過ごしていても、周りにそれよりも裕福な家庭が居たら、きっと中には自分たちは不幸だと感じる人もいるかもしれません。

このように人は他人と自分とを比較することにより、幸せの尺度をはかってしまうという愚かな一面を持っています。

もし、今あなたが不幸と感じることがあれば、何かが上手くいかないと感じているのであれば、それは本当に不幸なのか?上手くいっていないのか?そしてそれらは他人と比較して生じているのではないのか?

このようなことを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 - 【自己啓発】自分を守る