恥を忍んで

気になったこと。思ったこと。役に立ちそうなこと。などを書いていきます。

熱中症対策!汗をかいた後は水分だけでは不十分!塩分や糖分も補給すること!

      2016/12/28

相も変わらず今年の夏もまた、各地で猛暑をふるっています。

毎年の如く熱中症で倒れて搬送される人や、中には熱中症が原因で死亡する人も決して少なくありません。

 

熱中症予防に大切なこと

水分は喉が渇く前にこまめに補給すること

お水

一般的に人間が失う水分は、2リットルから3リットルとも言われています。

これは大量に目に見える汗をかかなくても、失われているということです。

これが猛暑が続く真夏であれば、大量の水分が体から放出されていくことが容易に想像できることかと思います。

水分は体が失われたことに気付いてからでは遅いと言われています。

喉が渇いてからでは遅いということです。

よくサッカー選手などは、喉が渇き体が水分を欲する前に水分を補給することが鉄則とされています。

喉が乾いたら水分を補給するのではなく、喉が渇く前にこまめに少しずつ水分を飲んで、常に補給する必要があるのです。

注意することは、汗を大量にかいて喉が渇いたときに、水分を一気に摂らないということです。

そして冷たい温度の水分を一気に摂らないということも大事です。

 

汗をかいたら水分だけでなく塩分や糖分も補給が必要

汗を大量にかくと、体から水分が多く失われます。

そんなとき、あなたはどんな飲み物で水分を補給しますか?

汗を大量にかいたときというのは、水分と同様に塩分も体から放出されています。

そんな中、水だけを大量に補給してしまうと、体のなかの体液の濃度が薄まり、体が薄まり過ぎた濃度を調整しようと必要な水分を余計に排出してしまうのです。ようは脱水症状です。

水分が必要なために水を大量に飲む、その結果水分が体から失われてしまうなんてなんとも皮肉な話です。

 

汗を大量にかき、体に水分を補給する場合は、以下の成分も一緒に摂ることが望ましいと言われています。

  • 塩分
  • 糖分
  • ミネラル

他にもあるかもしれませんが、この3つの成分が水分と同様に摂取する必要があるのです。

よく汗をかいたときは、スポーツドリンクが良いと言われています。

実際、スポーツ選手なんかはスポーツドリンクを飲んでいることでしょう。

このスポーツドリンクは、水分の他にミネラルと糖分が含まれているからです。その他にももちろんスポーツに必要なエネルギーとなる成分もいろいろ入っていますが。

ただ気を付けなければいけないのが、いくらスポーツドリンクが水分補給に良いと言われていても、やはり摂り過ぎには注意が必要です。

スポーツドリンクには糖分が含まれていると書きましたが、この糖分を必要以上に体に摂りすぎてしまうことは良くないそうです。

こちらの記事でも糖分の摂りすぎについて書いています。
糖分の摂りすぎの危険性!「ペットボトル症候群」というのもある。

そして、もう一つ大切なのが塩分です。

今は塩分が入った飲み物や飴などがありますし、少し塩分のある食事を摂ることも有効かと思います。

覚えておいてほしいのが、水分=水だけ、というわけではないということです。

 

スポンサードリンク

 

どんな成分もバランスが大切

熱中症対策といって水分が大切といっても、水だけではダメ、塩分や糖分やミネラルも必要、水分を一気に補給してもダメ、ようはバランスが大切ということです。

ですので、自分の欲する要求だけに反応して、飲みたい飲み物を好きなように好きなだけ摂るというのには注意が必要ということですね。

何事もバランスが必要ということです。

 

今日のまとめ

  • 水分は喉が渇く前に補給すること
  • 水分はこまめに摂ること
  • 水分は水だけでなく塩分、糖分、ミネラルも必要なこと
  • どんな成分も適量を摂取するバランスに注意すること

大人なとは、ビールなどアルコールで喉を潤すこともよくありますが、これは確かにおいしいのですが、決して水分補給にならないので注意が必要です。脱水症状の危険もあります。

細かいことの知識は覚えなくても、この記事に書いてある程度のことを知っているだけでも、それなりに対策になるはずです。

熱中症は、死亡にもつながる危険な症状です。

そして熱中症は、日差しのある屋外だけではありません。

日差しのない家の中などでも、その暑さによって体内から水分が失われて熱中症を引き起こします。

熱中症になってから、具合が悪くなってから対処するのではなく、何もないときにこそ対策をするように注意しましょう。

 

 

 - 【健康】, 【季節もの】, 【季節もの】夏 ,