グロー(glo)やアイコス(iQOS)で禁煙は成功するのか試してみた!

 

 

※禁煙外来で禁煙を始めました!詳しくはこちらへ
【禁煙外来】本気で禁煙!体験談

 

禁煙したい、禁煙したい、タバコなんてもう止めたい!

そんなことをもう何年も思いながらやめられない私ですが、では電子タバコのアイコス(iQOS)やグロー(glo)に変えて、そこから禁煙につなげればどうだろう?などと思ったしだいですが、結論から言うと見事に失敗しました。

 

Advertisements

グロー(glo)やアイコス(iQOS)で禁煙に成功できるか試してみる!

電子タバコと言えばアイコス(IQOS)がやたら滅多に流行っていましたね。

今でもアイコス(IQOS)の人気はなかなか衰えていません。

私も昔はアイコス(IQOS)に変えて吸っていたのですが、故障の連続で「ふざけんな!」「いい加減にしろ!」と思いながら紙巻きタバコに戻ってしまいました。

<iQOS(アイコス)が故障したときの記事>

 

そして数か月前に今度は「グロー(glo)」に変えたんですね。

グロー(glo)やアイコス(iQOS)に変える理由の一つとして、やはりそこから禁煙にたどり着かないかなという思いもあったのです。

まぁここでは「アイコス(IQOS)」やら「グロー(glo)」とは何ぞやということは書きませんが、同じ電子タバコです。

 

これらの電子タバコを簡単に説明すると、普通の紙巻きタバコに比べて、タールがゼロ(つまり”ない”)かほぼないに等しくて、火を使ってタバコの葉を燃やさない(電気の熱で温めるだけ)ので、通常の紙巻きタバコに比べて有害物質を含む煙が出ないため(煙は出ますがアレは水蒸気です)、紙巻きタバコよりも「害が少ない!」「吸わない人に害を与えない!」というやつです。

 

ニコチンはありますので、ニコチン中毒のタバコ吸いの人も満足というわけです。

さて、私がなぜ禁煙したいかというと、やはり以下につきます。

  • 健康のため(タバコは害しかない!)
  • お金がもったいない

 

電子タバコって、アイコス(IQOS)にしてもグロー(glo)にしても、基本的にニコチンが少ないんですよね。

 

タールもほぼないということなので、紙巻きタバコをガンガン吸っている人にとっては若干物足りなさがあったりします。

 

そういったことで、私はグロー(glo)に変えて、そこから禁煙につなげられないかなと思った次第です。

 

つまりこういうことです。

  • 普段吸っている紙巻きタバコよりもタールやニコチンが少ない
  • 少々物成りなさを感じるけどまぁ慣れてくるだろう
  • 物足りない電子タバコのグロー(glo)に慣れてくればタバコ依存も減ってくるだろう
  • 紙巻きタバコよりも害が少ないから更にうってつけ
  • タバコ依存がどんどん減っていってそのうち電子タバコのグロー(glo)すら吸う気もなくなるだろう

という算段です。

 

しかしそう上手くはいかないんですよね・・・・

 

Advertisements

 

グロー(glo)やアイコス(iQOS)で禁煙成功するかと思ったけど逆に本数が増えた!?

最初に言っておきますが、紙巻きタバコから電子タバコのアイコス(IQOS)やグロー(glo)に変えて、そこから禁煙に成功したって人は確かにいるようです。
(本当かよ?俺の周りにはいないぞ?)

 

まぁそういう情報もあったからこそ私もそれを試したんですけどね。

 

でも結果的に私はダメでした。

そう簡単にはタバコ依存から抜け出させてくれませんでした。

 

先ほども上で書きましたが、電子タバコってアイコス(IQOS)にしてもグロー(glo)にしても軽いんですよね。

タバコを吸ったときの軽い重いです。

 

紙巻きタバコでも軽めのものを吸っている人は、あまり違和感なく満足できるかと思います。

でも私は満足できなかったのです。

 

アイコス(IQOS)を吸っていたときはまだ結構満足していましたが、グロー(glo)は全然満足できなかったのです。

 

ちなみにアイコス(IQOS)よりもグロー(glo)の方が断然軽いです。

そのため、いくらグロー(glo)を吸っていても、「いつまで経ってもタバコを吸った気にならない!」ということなんです。

 

しかもしかも!

グロー(glo)というのはアイコス(IQOS)と違って、タバコを吸うときの充電をいちいちしなくていいのです。

 

本体はもちろん充電は必要ですが、タバコを差し込む際の充電が不要なのです。

アイコス(IQOS)の場合は本体の充電はもちろんですが、タバコを差し込む器具も毎回本体にガチャンコして充電しなければいけないのです。

 

どういうことかというと、グロー(glo)は何本でも続けて吸えるけど、アイコス(IQOS)は1本吸う毎に軽い充電が必要なので簡単に吸い続けられないということです。

その結果

  • グロー(glo)を1本吸う
  • 1本じゃ満たされないからもう1本吸う
  • もう1本吸っても満たされないけどとりあえずタバコタイム終了
  • 満足できなかったから少ししたらまた吸う
  • (以降ループ)

 

そしてこれを続けていくとどうなるか?

グロー(glo)のタバコの減りが早くなり、タバコ代もどんどん増えていった!(涙)ということです。

 

この悲しい現象に、「もうタバコなんて辞めた!」となれば嬉しかったのですが、タバコ依存の成れの果てと言いますか、結局は紙巻きタバコに戻ってしまったんですね。

お金ないから。

 

まぁざっとこんな感じです。

 

 

私の場合は失敗しましたし、同じように人もきっと多少なり居るような気がしますが、こうならずに「禁煙」の道に進む人もきっといるかと思います。

グロー(glo)やアイコス(iQOS)などの電子タバコでの禁煙は成功しませんでした。

 

ただこのようなダメダメ結果になる恐れもあることを伝えたかったのと、同じような人が居たら決してあなただけでなく、ここにもダメダメ人間が居るよと伝えたかっただけです。

しかし、私の禁煙への道はまだまだ続きますよ。

 

コメント