仕事を休みたいのに休めない人は考え方を少し変えてみよう!

 

会社を休みたいと思ったり、仕事に行きたくないと思ったり、そんなときでも休んだり出来ない人がいます。

それが決して悪いというわけではありませんが、休みたいのに休めないとか、会社や同僚のことを気にし過ぎて、何でも言いなりになっていませんか?

 

Advertisements

真面目な人や気が小さい人は仕事をサボれないし会社も休めない

真面目な人ほど仕事も一生懸命です。

もちろん良いことです。

気が小さい人は、仕事よりも他人の顔色を窺います。

それはあまり感心しません。

 

どちらにせよ、世の中の社会には、会社を休みたいのに休めない人というのがいます。

真面目で責任感が強い人は、自分の仕事はどんなことでもやり遂げようとしますよね。

気の小さい人は休むなんてことを言ったらどのように思われるかを気にして休めなかったり。

私も仕事を何十年とやっていると、休みたいのに休むと言えなかったときもありましたし、そういう同僚もたくさんいました。

 

しかし、それでも時には休息が必要なときもあります。

  • 家庭の事情で休みたいとき
  • 体調不良で休みたいとき
  • 仕事が忙しすぎて精神的に疲れ切っているとき
  • どうしても外せない用があるとき

 

日本人は特にそういう人種だと世界的にも有名ですが、このような人というのは上記のようにどうしても休んだ方が良いときでも、多くのことを犠牲にして仕事を優先してしまうことがあります。

 

そういう人の言い分は主にこのようなものです。

  • 会社に迷惑をかけたくない
  • 同僚に迷惑をかけたくない
  • 自分がいないと仕事が回らない
  • これをやり遂げなければ怒られたり評価が下がる
  • 今まで頑張ってきたから最後までやり遂げたい
  • 周りの人も頑張っているから
  • 自分だけ休むのは気が引ける

 

普段の何でもないときであれば、このように思いながら仕事をするのは良いですが、どうしても、どう考えても休んだ方が良いときにこのような理由で仕事を優先していると、大事なことを失うことだってあります。

 

Advertisements

 

仕事を休みたいのに休めない人は考え方を少し変えてみよう!

別に会社なんてサボってしまえ!とか、会社を休めないような奴はだらしない奴だ!などと言っているわけではありません。

この記事では、会社よりも、仕事よりも大切なことがあるのに、会社や仕事に必要以上に縛られているのはよろしくないということです。

会社を休んだり他を優先した方がいいと自分でもわかっているのに、それが出来ない人のことを書いています。

 

あなたが仕事を一日休んでも会社も地球も大して影響がありません。

 

もし、家族よりも仕事ばかりを優先しているのであれば、ちょっと考えてみて下さい。

もし、自分の体調よりも仕事を優先しているのであれば、ちょっと考えてみて下さい。

もし、自分の気持ちよりも会社の人の気持ちを優先しているのあれば、ちょっと考えてみて下さい。

 

あなたが何よりも優先しているその会社や仕事は、例えあなたが倒れてしまっても倒産するなんてことはありません。

倒産までいかなくても、会社で大問題に発展するなんてこともありません。

 

あなたの家庭が崩壊の危機に陥りそうになっても、会社や仕事はあなたの家庭の事情なんてなんの影響もないし、関心もありません。

 

あなたの代わりはもしかしたら居ないかもしれないけど、会社や仕事はいくらでも代わりは居るのです。

あなたが居なかったら本当に仕事は回りませんか?

あなたが居なかったら会社は傾きますか?

あなたが居なかったら同僚は数日徹夜続きですか?

たぶんそんなことはないですよね?

 

あなたが会社をもし休んでも、例えサボりだとしても、それでも世の中は通常運転ですよ。

そして休んだあなたもまた通常運転にすぐ戻ります。

 

一生懸命大いに結構!

出来ることを頑張ることも多いに結構!

真面目なことも迷惑かけたくないと思うのも素晴らしい!

 

でも、力をずっと入れっぱなしはよくないし、ビクビクし過ぎるのもよくありません。

もしあなたが会社を休みたいのに休めないのであれば、一度思い切って休めばいいのです。

インフルエンザや交通事故で入院するよりは何倍も大したことありません。

そうすると、少し違った世界が見えるかもしれませんよ。

 

コメント