子供の自転車のサビ取りを試したら意外と簡単に取れた!「さびとりつや之助」

 

自転車のサビって結構そのまま放置したりしませんか?

いつも乗っているにも関わらず、いつのまにか自転車はサビだらけとなっている、そんな経験ありますよね。

今日はそんな自転車のサビ取りを簡単に取れるものを紹介します。

 

Advertisements

自転車にはサビが意外と付きやすい

自転車は普段乗っているにもかかわらずサビが付いたりするものです。

使っていない自転車などであればすぐにサビ付くのもわかりますけどね。

 

自転車ってよく外に放置していることが多いですよね。

屋根付きの自転車置き場などであればまだ違うかと思いますが、そうでない場合は雨風にさらされています。

そうなるとどうしてもサビが付きやすいんですよね。

 

我が家の自転車のサビが気になるようになってから、道行く自転車を何気に観察していると、やはり部分的にでもサビはどうしも付いてしまうようです。

 

Advertisements

 

自転車のサビ取りを試したら意外と簡単にサビが取れた!

ところでこの記事のタイトルでは「子供の自転車~」としていますが、別に大人の自転車でも子供の自転車でも同じです(笑)

 

ただ単にですね、私が自分の大人の自転車のサビよりも、子供の自転車のサビの方が気になってしまっているものですから、このようなタイトルにしてしまっただけです。

だって大人の自分たちの自転車であれば、まぁ別に良いかと放っておいてしまうんですが、子供の自転車であれば、もっときれいに乗って欲しいとか、もっと大切に乗って欲しいなどつ思ってしまっただけなんです。

 

ということで、子供の自転車のサビを取ってみたいと思います。

 

今回試したのはこのサビ取りです。

その名も「さびとりつや之助」です。

さびとり つや之助

 

これはサビ取り用のクリームです。

当然ですが、自転車だけでなく、車でもベランダでも、何でもサビが付いているものにはなんでも効きます。

 

このクリームを使ってサビを取ってみたいと思います。

ただ私は自転車に限らずですが、サビ取りは初めて試してみるので、もう使っていない昔の子供の自転車で試してみます。

 

まずはビフォーアフターの「ビフォー」です。

このサビ取りクリームを使う前の、子供の自転車のサビ具合です。

 

ずっと使っていなかった自転車ですからね。

良い感じのサビ具合です。

 

このサビ取りクリーム「さびとりつや之助」のポイントはこのようなものです。

  • クリームを布などに塗ってサビている箇所を磨くだけ
  • 磨いた後は空拭きでキレイにする
  • 付け置きの必要はなし
  • 力を使ってゴシゴシする必要はない
  • サビ止め効果やワックス効果も

 

私は直接自転車のサビ部分に塗って、布で軽くゴシゴシ拭いてみました。

 

私がこのサビ取りを選んだちょっとした理由としてはこのような感じです。

  • 値段が高くないこと
  • 付け置きが必要ないこと
  • ゴシゴシ力を必要としないこと
  • 簡単に使えること

 

他にも探せばもっと良いサビ取りがあるかもしれませんが、上記の理由で試してみました。

 

さて、その結果は、ビフォーアフターの「アフター」です。

 

お、おおっーーーーーーーーー!!

そこそこキレイになりました!!

 

これは、このサビ取りクリーム「さびとりつや之助」のポイントでも書きましたが、クリームを塗って、大して力を込めずにこすった結果です。

それだけでこれだけサビが取れました。

もう少ししっかりと拭いたり何回か繰り返せば、更にサビは取れます。

 

こういうのは、いざ使ってみないとわからないですからね。

とりあえずこれだけ自転車のサビが取れれば、まずは良かった良かったです。

 

試した感じで、やはり小さい部分のサビや、手の届きにくいサビの部分などは取るのが難しいですが、まぁそれはしょうがないでしょう。

 

他にもっと良いのが見つけられれば試してみたいですけどね。

今のところはこのサビ取りで満足しています。

 

 

こちらも気になっていたのですが、今回は簡単な方を選んでみました。

 

 

コメント