連休明けの仕事で休みボケにならない方法!

 

連休明けの仕事って本当にだるいし頭が働かないですよね。

でもそのだるさや面倒くささをそのままにしている方がよっぽどしんどかったりするものです。

だったら思い切って気合いを入れて仕事脳に切り替えた方がお得なんですよね。

 

Advertisements

連休明けの仕事は頭が休みボケになる

言わないでもわかりますよね。

通常の例えば土日の二日間とかであれば、身体がなれているので切り替えが出来ますが、それでも月曜の仕事へのかったるさは少なからずあります。

 

これが連休などとなれば、いつもの土日休みとかの習慣と違ってくるわけですから、それだけで何となくリズムが狂ってしまうものです。

ただでさえ、いつもの習慣から外れてリズムが狂ってしまうのに、その間の休日の過ごし方でも更に脳の反応が変わっていきます。

つまり休み脳から仕事脳への切り替えがスムーズに行くか行かないかということです。

 

連休に遊びまくっていた人は、本来仕事をすべきときに遊んでいるわけですから、切り替えが難しくなります。

連休にダラダラと家でのんびり過ごしていた人は、本来仕事をすべきときに、家でダラダラと過ごしているわけですから、これまた切り替えが難しくなります。

 

こうなるとですね、だるい~、面倒くさい~、などと思いながらも頑張って会社に行っても、やはり頭が切り替わらないままですので、なかなかピリッといきません。

 

集中力もないですから、仕事の効率も悪いし、ミスもしやすいし、きっちりと切り替えられている人に比べればその差は意外と目立っているものです。

こういうことが積み重なっていくと、通常の日々でも段々と仕事へのモチベーションが下がっていったり、周りの印象も影響するし、そのままズルズルと悪い方へ行ったり・・

 

Advertisements

 

連休明けの仕事で休みボケにならない方法!

ということで、この連休明けの仕事脳への切り替えは、思い切って無理やりにでもした方が断然お得です。

連休明けによる休みボケにならない方法と言っても、要は仕事のことを「意識」するということです。

それだけで十分です。

 

仕事のことを意識するって言ってもですね、

「あ~明日から仕事やだな~」とか

「ホント会社に行きたくない!」とか

「もう会社なんて辞めたい・・」

なんて思っていたら、心の悪魔の思うつぼで、どんどん悪い方向へ行ってしまいます。

 

仕事のことを意識するというのはそういうことではなく、もう仕事をしているつもりぐらいになるということです。

別にこれぐらい大したことではないですよね?

 

あの案件どこまで進んでいたっけか?

あの懸案事項はどうなったかな?

連休明けて仕事をするにはまず何から手をつけようか?

まずはあの連絡だけ最優先で、他のは確認して割り振るか

いつもよりも早めに会社に行って、メールでもチェックするか

 

実際には会社に行ったり、家で仕事をしていなくても、連休中にこのようにたまに思ってみるのです。

 

休みの日ぐらいは仕事のことなんて考えたくない!

 

なんて思う人も多いかと思いますが、それも仕事が嫌だという思いが強い証拠ですから、やはり連休明けがどちらにせよ辛くなりますよね。

ですのでほんの少しでも良いですから、このように休み脳からちょっとでも仕事脳へ切り替えたりするのです。

 

そして前夜とか連休明け当日の朝とか、通勤時の間とかに、先ほど上で書いたように仕事への整理を頭で始めるのです。

そうすると、これが意外にも効果てきめんなんですよ。

 

もちろん多少はだるさや面倒くささはあるかもしれませんが、結構仕事への切り替えが出来ているのです。

例えば、いつもの土日休み後の月曜日ぐらいであったり、上手に切り替えれば休みでないときの感覚になったりです。

 

これをやっていくと、日々の仕事への向き合い方や、仕事に対するやる気にも実は影響したりするんです。

つまり連休とか休み明けとか、そういう仕事への辛さ云々ではなく、仕事への姿勢が前向きになったりするということです。

 

良いですよこれ。

ぜひ試してみて下さい。

 

コメント