会社で愚痴を聞かされてストレスが溜まる人へ!愚痴を聞かずに済む方法を教える!

 

人に愚痴ほどうんざりするものはありません。

愚痴とか誰かの文句や悪口などを聞いていると、自分も何だか嫌な気分にもなりますし、暗い気分にもなるものです。

 

Advertisements

愚痴を聞いているとストレスが溜まる

会社というか仕事というものはとても理不尽なことがよくあるものです。

そして多くの様々な人と接する場でもありますから、それはそれは色々な人間がいますよね。

良い人もいれば、悪い人や嫌な人もいます。

気が合う人もいれば、気が合わない人もいます。

そういう人間関係の付き合いも色々とこなしていかなければいけないのが仕事でもあります。

そうすると不満などを抱えてストレスを溜めている人もたくさんいるわけです。

ストレスが溜まったり、会社や仕事、はたまた上司や同僚などに不満や文句が出てくると、当然のように愚痴が出てくるわけなんです。

これはある意味しょうがないとも言えますし、自分自身愚痴りたいことだって当然ありますよね。

しかし、やはり出来ることであれば「愚痴なんて言いたくない!」「愚痴なんて聞きたくない!」というのが本心ではないでしょうか。

愚痴と言っても、その愚痴の内容にはいろいろあります。

例えば、その仕事の決定したことによる不満などもありますし、会社に対する不満もありますし、先ほど書いた人間関係による不満などです。

不満や文句などを自分の一意見として発している分には良いかもしれません。

「この企画は私は絶対こっちの方が良いと思うんだよね」

「このやり方よりもこっちのやり方の方が絶対上手くいくと思うけど」

「今のままではきっと失敗するような気がする」

こういった内容は、愚痴というよりも意見や提案という見方も出来ますよね。

しかし愚痴というのは、それらの決定したことに対して「いつまでも不満を言う」ということです。

これは人間関係に対する愚痴でも同じことです。

例えば気が合わない上司や同僚が居たとして、その人の性格や仕事のやり方、口の利き方や態度などは、その人の持って生まれた性格であり、つまりその人自身をどうこう出来るわけではありません。

意見や改善案をその人に出来るかもしれませんが、その人の人間性は他人ではどうしようもありません。

これだってある意味その人の決定事項とも言えます。

ですので、変えることが出来ない気の合わないその人に対して「いつまでも不満を言う」というのもりっぱな愚痴なんです。

愚痴っていうのは負のパワーなんです。

愚痴を言ってスッキリする人もいますが、やはり愚痴ばかり言っていると人間性も下がってくるし、周りの人間関係も上手くいかなくなりますから、運気はとても下がっていくとも言えます。

愚痴を聞いてばかりいる人も同様なんです。

愚痴を言う人よりはマシかもしれませんが、やはり愚痴を聞いてばかりいると段々と気が滅入ってきたり、聞くことにうんざりしてくるし、気が付いたら自分も愚痴を言うようになってしまったなんてことはよくあります。

ですので愚痴を言わなくても、愚痴を聞いているだけでも運気は下がってくることでしょう。

愚痴っていうのは聞いているだけでもとてもストレスが溜まっていくのです。

「ちょっと聞いてよ。あの人に嫌なこと言われて凄いムカついたんだけど。」

「だいたいあの人だって自分のことばかりで・・」

「あ~わかる。私も同じように思ってた。」

「ねぇちょっと聞いてよ。またあの人が・・」

「あの人ほんとムカつくよね。だいたい・・」

「あの人今日こんなバカなこと言ってて・・」

「ねぇちょっと聞いて。あの人が・・」

もうかなりウンザリしてきますよね。

例え自分も同じように愚痴を言っている人と同じ思いであったとしても、愚痴を苦手としている人にとっては、「いつまでも文句ばかり言いたくない」「陰口ばかり言ってもしょうがない」「自分の中では一生懸命消化しようとしているのに」って思っているはずです。

しかし、自分は一生懸命にその嫌なことに対して消化して前に進もうと思っているのに、愚痴を聞いてばかりいるために多くのストレスを抱えてしまうのです。

愚痴って本当に、愚痴を言う方も、愚痴を聞く方も、ストレスが溜まりやすいし、運気が下がって良いことなんてないんですよ。

 

Advertisements

 

愚痴を聞きたくない人の対処法

やはり聞かなくて済むのであれば、愚痴なんて聞かない方が良いんです。

多少の文句や不満を口にしたり、聞いてあげるのは問題ないかもしれません。

むしろ仕事や会社などでは、文句や不満などもある意味その人の意見でもありますし、自分の思いや言いたいことを言うことはとても大切なことです。

しかしその不満や文句をいつまでも言っていたのでは、それは単なる愚痴になってしまうのです。

そしてその愚痴を聞かされるのも、良いように聞いてあげているのも、やはり不本意ながらもその愚痴を言っている人と同レベルということになってしまうのです。

何より嫌々愚痴を聞かされて、自分自身も嫌な気持ちになったりストレスを抱えることは耐えられませんよね。

そんな愚痴を言う人への対処法は、「その愚痴を言う人と距離を取る」ということに尽きるかと思います。

その愚痴を言う人にはあまり近づかないようにしたり、愚痴を聞かされても聞く耳を持たないことです。

例えその人と距離を取ることが難しい関係だとしても、愚痴を真摯に聞く必要なんてないということです。

もう普通の会話すらしないように距離を取るのも良いです。

最低限の付き合いはしつつも、愚痴が始まったらその人から離れるでも良いですし、さりげなく愚痴が出ないような話題に切り替えるのも良いですし、はっきりと「愚痴なら聞きたくない」と言うのも良いです。

会社や仕事なんて理不尽なことが多い所ですから、いろいろと不満などは誰にでもありますが、それでもうまいこと立ち回っていかなければいけないのが仕事です。

ですので、いくら愚痴を聞きたくないとはいえ、その愚痴ばかり言う人と険悪な関係になるのも避けたいと思う人もいるかもしれません。

そんなときは徐々に愚痴を聞かなくて済むように距離を取って下さい。

決して焦る必要もありませんし、その人の愚痴に触れないようにすることが目的ですから。

愚痴さえ言わなければ良い人もいますからね。

愚痴を言わない、愚痴を聞かないと言いつつも、一番大切なのは自分自身がストレスを溜めないようにするということです。

ストレスを溜めたくないから愚痴を聞きたくないですよね。

だから愚痴を聞かないようにするために、ケンカしたり苦労したり悩んだりすると、逆にストレスが溜まっていたなんてこともあります。

これって不本意ながらも本末転倒ですよね。

何が最善かはその人にとって様々ですが、愚痴なんてやはり聞くに値しないことですし、無視したり気にしたりしないのが一番良いです。

愚痴ばかり言っている人はある意味かわいそうな人なんですよね。

だって愚痴ばかり言うということは、それ以外に楽しいことが無い人なのかもしれませんからね。

 

コメント