「社畜」になる人の特徴!「社畜」から解放されたい人に読んでほしい!

 

「社畜」してますか?

日本人は特に社畜になりやすいと言われていますが、社畜とは要は良いように上司や会社の言いなりにされているということです。

それで仕事が楽しいですかね?

 

Advertisements

「社畜」となる人の特徴

社畜とは読んで字の如く、「会社」に飼いならされている「家畜」ということです。

ここでウィキさんを呼んでみましょう。

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。

「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。

正社員(正規雇用)のみならず非正規雇用全般(アルバイト・パートタイム・派遣社員・契約社員・嘱託社員等)で1日8時間より多く働く者も同等とされる。

ウィキペディア「社畜」より

なかなか厳しいことが書いていますね。

でもこれが社畜となる人の特徴です。

「会社に飼い慣らされてしまい自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したもの」

まさしく会社の家畜です。

社畜の何がつらくて厳しいかというと、どんなに仕事を頑張っていても、どんなに上司や会社の命令にしたがって努力していたとしても、結局は会社に飼い慣らされているということです。

冗談ではないですよね。

では社畜とな社員の特徴とはどのような人でしょうか。

社畜となる社員の特徴とは、「会社や上司の言うことに逆らえない」という人です。

そして「自分はダメな人間だと洗脳されている」という人です。

逆に社畜となる社員を生産する方法って知ってますか?

それは社員を「ダメ社員」として洗脳することです。

「お前は何やってもダメだ!」

「お前はいつまでたっても使えねぇな!」

「お前はもっと成果を出せよ!」

「お前はダメ社員だ!」

「お前はダメ人間だ!」

「だからもっともっともっと頑張れよ!」

たまらないですよね、こんなこと言われたら。

これまともな人間であれば、怒って会社を辞めてますよ。

しかし社畜と化してしまう社員というのは、「まじめ」であり「気が弱い」という特徴があります。

そして日本人気質もあってか、上司の命令は「絶対」であり、上司や会社に逆らうということは基本的にはありえません。

気が弱いというのは一旦置いておくとして、まじめな社員が社畜にされてしまうんですからたまったもんじゃありません。

また、会社もそういう「まじめ」で「気が弱い」社員を敢えて社畜にしてしまうという確信犯的な要素もあります。

そんな卑怯で弱い者いじめ的な上司や社風があるブラック企業では、やはり気の弱い人間では太刀打ちできないのです。

そんなクソ会社に負けないためには、自分自身が弱いままではダメです。

社会に出ればもっと強くならなければ生きていけない、そんな厳しい側面があるのが世の中であり社会なのです。

 

Advertisements

 

社畜になるのはうんざり!もっと強くなろう!

社畜・・・もううんざりじゃないですか?

クソ会社やクソ上司の言いなりになるのなんて、もううんざりじゃないですか?

「ふざけんなボケ!」

ぐらい心の中で思っても全然いいんですよ。

よく子供のイジメ問題とかで、イジメる方に当然問題があるんですがイジメられる方にも問題があるなって言われますよね。

実査イジメられている人からしたら、それこそ「ふざけんな!」「なんでこっちに問題があるんだよ!」って言いたいことでしょう。

しかし社畜問題も結局は同じなんですよね。

イジメられる側、社畜側の人たちは確かに悪くないし、イジメる側やブラック企業側が良いか悪いかと言えば悪いに決まっています。

しかし、この世の中・社会では、良い人も居れば悪い人も居ますし、真面目な人も居ればずる賢い人も居ますし、幼い人も居れば大人な人も居ますし、レベルの低い人も居ればレベルが高い人も居る、そんな混沌としたものなんです。

つまり聖人だけがいるわけではないのです。

そんな世の中・社会で生き抜くには、やはり自分自身が強くならなければいけないのです。

あなたはシクシクと落ち込んでいる状態のとき、ひたすら誰かが声をかけてくれるのを待っているのですか?

それではもし誰も声をかけてくれなければ、きっとそのまま泣き続けるか、逃げて引き籠るか、つぶされるのがオチです。

それで周りの誰かのせいにして、恨み辛みをこぼしながら陰に潜んで生きていくのですか?

そんなの冗談じゃないですよね?

あなたは本当はそんなに弱くないですよね?

クソ上司やクソ会社の言いなりになるようなダメ社員じゃないですよね?

強くなるということは、ケンカや腕っぷしが強いとかではありません。

仕事で見返すという心持ちは大切ですが、仕事が出来ないから弱いままというのも違うんです。

強くなるということは、自分自身のことを大優先にしているかということです。

強くなるということは、他人のために生きるのではなく、自分自身のために生きているかということです。

自分が何を持っていて何を持っていないかなんて関係ありません。

強い人間になるのは、誰かよりもすぐれているものがあるかどうかなんて関係ないのです。

つまり自分自身が強くなるかどうかは、他人と比べることではなく、他人は関係ないのです。

そこを見つめ直してみて下さい。

自分自身の弱さと強さ、自分自身の今までの生き方とこれからの生き方を考えてみて下さい。

 

最後にちょっと補足しますが、脱社畜!強くなってやる!って意気込むのも良いですが、ここで書いている強くなるとは、ある意味「開き直る」ということでも良いのです。

「自分は弱い」と自分自身で認めてあげるのも「強さ」の一つです。

どうせ自分は仕事があまり出来ないから・・・・出来ることだけ頑張ろう!

どうせ自分は仕事が遅いから・・・・しょうがないよね!

無理な残業を強要されるけど・・・・早く帰りたいし!仕事ばかりしててもつまらないし!

ダメ出しばかりされて人格否定までされてるけど・・・・これが俺だし!

このままじゃクビだと脅されても・・・・じゃあ辞めたるわ!

このようなことは一つの例ですが、要は自分なりに努力して、自分なりに一生懸命やっていれば良いと思うのです。

それで結果がついてくるかどうかはまた別です。

何もかも上手くいくわけではないですし、社畜となり果てて自分自身が潰れてしまっては元も子もありません。

潰れるぐらいだったらこのように開き直るというのも、強さの一つでもあると思うんですよね。

 

コメント