手汗がひどくてプリントや本などの紙類やスマホなどがすぐに濡れてしまう!

 

 

私は昔から手汗がひどくて、もちろん出ないときもあるんですけど、とにかく何かと手汗に気を付けなければいけないんです。

手汗で悩んでいる人なんてそんなにいないような気がするんですがどうなんですかね?

 

 

Advertisements

手汗がひどくて困ってしまう

実は結構いるような気もするんですけどね、手汗で困っている人。

私の場合は、手汗がひどい時間帯は朝とか午前中が多い気がします。

もちろん午後や夜でも手汗を常にかいているのですが、それでも朝や午前中よりはマシな気がします。

手汗がひどくて困る事象としては、

  • 通勤時に本などを読んでいると、本カバーや本の中身の紙がしっとり濡れてヨレヨレになってしまう。
  • 通勤電車で吊革やドアに手を置いていると、手汗で水滴が付いてしまう。
  • 携帯・スマホを操作していると、持っているスマホの裏側あたりに手汗の水滴が付いている。
  • 仕事でパソコンのキーボードを使っていると、すぐに手汗の水滴がキーにちらほら付いている。
  • 仕事で書類やプリントやノートなどを持っていると、すぐにしっとり濡れて湿ってヨレヨレになってしまう。
  • 会議などで座っているだけでも手汗が出てきて、そっと椅子の布に押し付けてしまう。
  • 友だちや知り合いに、携帯とか何かを借りたときに、手汗で水滴が付いてしまい、すぐに返しにくくなってしまう。

まぁ色々あります。

色々と毎日毎日困っています。

ある程度もう慣れているけど困っていることには変わりません。

当たり前かもですが、手というか手のひらというのは、必ずどこかで何かしらに使用していますよね。

むしろ手を使わないなんてときは、ボーっと何もしないでいるか、寝ているときか、サッカーでもやっているときぐらいです。

そうなると、手汗というは常につきまとってくるんですよね。

これ、手汗で悩んだり困っている人であれば、大いに分かってくれることかと思います。

後は私の場合はもうそんな機会はないのですが、「恋人と手をつなぐ」なんてときも困りものです。

いや、真面目に困りますよね。コレ。

手をつなぎたいけどつなげない。

手をつないだら手汗で相手の手のひらに、しっとり・べっちょり。

(うわっ手汗すごい!)

なんて思われると考えたら、手なんか拭いて拭いて拭きまくって、更にときどきまた拭いてってしないといけません。

かといって手をつなぐという愛のつながりを拒絶するのも難しい。

本当に手汗というのは困ったものです。

 

手汗が出る原因とは?(なぜ手汗なんか出るの!)

手汗が出る原因というのは、はっきりとは言えないそうです。

ですが、主に自律神経の一つである「交感神経」の働きによるものとか、自律神経とか精神的なものらしいですが、結局は一概にこれだと言えないということですね。

そんな中でもよく言われているのが、

緊張やストレスから手汗が

あるあるですね。

先ほどの恋人とか好きな人といることによって緊張して手汗が出てしまうとか、仕事などでのプレゼンとか会議での発表とか、人前で何かしゃべるような場合は誰でも緊張しますし、誰でもストレスがでてくるものです。

お偉いさんとか、怖い人とか、お客さんとか、とにかく緊張する場面などでは、手汗をかいたりするものです。

これは主に精神性発汗とか自律神経の刺激と言われています。

だとすれば、いかに緊張をなくしてリラックスできるかがということになりますが、それが出来たら苦労しないんですけどね。

でもこういうのは慣れもありますし、一生懸命に落ち着こうと自分なりのリラックスを見つけるのが良いかもしれません。

肥満体質などの肉体的要素で手汗が

肥満気味の人などは、手汗に限らず発汗することが多いですよね。

手だけではなく、頭から汗が出たり、顔やワキ、背中など体中から汗が出やすいものです。

その一環として手汗もよく出てしまうということです。

このように体形などの肉体要素であれば、逆に頑張って痩せることが出来れば、手汗もなくなっていく可能性があります。

頑張って痩せてやりましょう!

食事など味覚からくる手汗が

わかりやすいのが、辛いものやしょっぱいものなどの、刺激が強いものを食べたり飲んだりした場合です。

唐辛子系とかそうですよね。

辛いものを食べたり飲んだりしたら、頭や顔から汗が噴き出てきますよね。

手汗もその一環で出てきたりします。

例え超刺激的な辛いものなどを食べたときではなくても、いつも辛いものや刺激のある食べ物や飲み物を飲んでいる場合、一気に汗が噴き出てくることはなくても、汗が出やすくなるなんてこともあるそうです。

手汗もその一環かもしれません。

辛いものなどの刺激物だけではなくても、やはり食生活などは注意した方が良いかと思います。

生まれつきの体質で手汗が

生まれつきの体質だってあるかと思います。

私なんかは、とくに太っていませんし、緊張やストレスを感じなくても手汗がひどいです。

刺激的な食べ物や飲み物も口にあまり入れないですし、さほど食生活や生活習慣が悪いとも思っていません。

しいて言えばタバコぐらいですかね。

でも喫煙が手汗に影響があるのか?

タバコは害だらけなのでないともいえませんが、どうなんでしょう?

私の場合では、この生まれつきの体質が一番しっくりきます。

だって他に思い当たるものがありませんから。

 

手汗対策はどのようなものがあるのか?

正直原因が特定できない以上は、先ほど書いた手汗の原因で思い当たるモノを改善していくしかありません。

緊張やストレスを感じやすい人は、リラックスできる時間を増やしたり、場数を踏んだり精神を鍛えたり、睡眠や食事などの生活習慣を整えたりという感じです。

これは手汗に限らずさまざまなことにも効果がありますから、ぜひ取り組んでほしいところです。

肥満気味な体の体質や、辛いものなどの刺激物も結局は同じです。

それらが原因のひとつかもなんて心当たりがあれば、手汗のためだけでなく、生活習慣の一環として取り組んでみても良いかもしれません。

後は手汗用の制汗クリームなどによる、手汗用ケアですかね。

手汗用ケアで思い出しましたが、手汗の対策としては、手を清潔にするというのも大事だということです。

手のひらの汚れやベタつきによって、体から悪いものをだすように発汗するとも言われています。

ゴシゴシと強く手のひらを刺激することは逆効果になることがありますが、しっかりと石鹸などで、こまめに手を洗って、清潔に保つことはとても重要だそうです。

 

手汗の制汗クリームなら断然こちらがおすすめです。
テサラン

 

 

コメント