髪の毛が量が多いのに禿げてきた!?知っておきたい禿げる原因とは?

 

 

自分は髪の毛が多いから将来禿げることはないと安心していませんか?

自分は禿げないと思っていても、気付いたら「あれ?ちょっとおでこが広がってきたかも?」なんて感じる人は要注意です。

 

Advertisements

髪の毛が多いのに禿げてきた!?

まさに私がそうなんです。

私は昔からどちらかというと剛毛の部類だと思っていて、髪の毛の量が多いと思っていました。

そして将来禿げる人というのは、どちらかというと髪の毛が薄い人だとばかり思っていました。

ええ、、、てっきり髪の毛の量が多い人は禿げとは無縁だと思っていたのです。

しかし!なんだか最近前髪のおどこの頭部が若干薄くなっていることに気が付きました。

いや、実はうすうすは何となく気づいていたんですけどね。まさかね・・・と思っていたのです。

どうも色々と調べてみると、髪の毛の量が多いとか少ないとか、または髪質が太い毛だとか薄毛だとか、そういったことと禿げる禿げないというのはどうも別のようなんです。

というより関連性が正確には証明されていないようなんです。

ということは、まず確定していることは、髪の毛の量が多いから禿げないという思い込みは「正確ではない」ということです。

 

髪の毛の量や髪質と禿げとの関連性は遺伝的なもの?

まず体毛というは男性ホルモンの分泌量の多さとの関係性はよく言われています。

男性ホルモンが多いと、体毛が多いと言われています。

しかし、髪の毛に関してはそうとも言えない説があるようです。

まったく関係ないとも思えませんけどね。

そして、薄毛とか剛毛とかいった髪質は、遺伝的な要素が大きいという説が一般的です。

さらに禿げという要素も遺伝子的要素が関係しているというのがこれまた一般的です。

これらを総合的に見てみると、やはり親からの引き継いた遺伝子が、一番の髪質や髪の毛の量や禿げに影響しているようです。

 

Advertisements

 

禿げる原因は遺伝?それとも変化した体質?

遺伝的要素が一番の要素だと言われても、禿げの家系ではないから一概に大丈夫とも言えないものです。

基本的な髪の毛の量の多い少ないや髪質、禿げる体質などは遺伝子的要素ですが、それでも他の要因で禿げてくる人というのは実際に多くいるわけです。

その他の要因を簡単にまとめす。

  • 男性ホルモンの変化の影響
  • 老化による影響
  • 食生活の影響
  • タバコの影響
  • ストレスの影響

ざっくりと言って、これらが禿げになる遺伝的要素とは別の要素と言われています。

 

【禿げる要素】男性ホルモンの変化の影響

男性ホルモンが多いと体毛が多いということを上で書きました。

詳しい説明は省きますが、男性ホルモンというのは生まれたときから常に同じ量の分泌というわけではありません。

生活習慣や食生活、老化、他にも様々な影響によって、男性ホルモンの分泌量は変化していきます。

これは女性も一緒です。

女性でも男性ホルモンが強い人とそうでない人はいるんです。

生活習慣や食生活、そして老化やストレスなどが原因で、男性ホルモンの分泌が減ってきたことにより、髪の毛の量や質にも影響が生じてきて、禿げ始めてきたということも関係性があるとも言われています。

 

【禿げる要素】老化による影響

老化は禿げる要素に多く関係してきます。

髪の毛に限らず、やはり老化というのは多くの細胞の再生能力が衰えてきます。

体の細胞というのは日々消滅しては再生してを生まれたときから繰り返していきます。

そして細胞の再生能力が衰えてくる現象が「老化」ということなんです。

歳を取ることにより老化現象が出てきて、男性ホルモンの分泌や頭皮や髪の毛の再生能力が衰えてきて、徐々に髪の生え変わりが出来なくなってきて禿げてくるということです。

白髪だって要は同じなんですよね。

これは髪の毛の量の多さや髪質とは関係なく、人間だれしもが影響する要素だと思います。

 

【禿げる要素】食生活の影響

よく言われているのが、油っこいものや高脂肪といった食べ物を多く食べている人は禿げへの影響があると言われています。

油っこいものなどばかり食べていると血液がドロドロになってきて血流が悪くなり、髪の毛への栄養成分が行き渡らなくなり、髪質が悪くなったりして禿げへの影響が出てくるということです。

これは髪の毛に限ったことではありませんけどね。

メタボや肌質など、ようは髪の毛や頭皮を含んだ、体全体への影響が多くでるということです。

 

【禿げる要素】タバコの影響

タバコというのは百害あって一利なしです。

タバコを吸っている人というのは、先ほどの食生活と同じで、体全体に多くの影響をもたらせます。

タバコというのは体の中に有害物質を取り込んでいるだけと考えて下さい。

体に良い要素なんてものは一つとしてないのです。

血液の循環が悪くなるのもそうですし、肺をはじめ様々な器官が悪くなる一方なのです。

体の全体に悪い影響を及ぼすタバコを吸っていて、髪の毛に影響を及ぼさないはずはないということですね。

 

【禿げる要素】ストレスの影響

ストレスというのも体全体の変化に多くの影響をもたらせます。

ストレスというのはもちろん良い面もあるのですが、過剰なストレスは体の多くを悪い方へ変化していきます。

そしてストレスによって、上で書いた「食生活」「タバコ」などの影響も多く含み、「睡眠不足」や「運動不足」といった体によくない症状を発生させていきます。

 

「髪の毛が多いのに禿げてきた!?」のまとめ

さて、ここまで書いてきたことを踏まえて簡単にまとめてみると、「髪の毛の量が多い」ことと「禿げてくる」ということは、その関係性はあまりないような感じがしますよね。

ということは、「髪の毛の量が多い人は禿げない!」なんてことは言えないようです。

もちろん「まったく関係ない!」とは言えないと思います。

髪の毛の量が薄い人よりは、髪の毛の量が多い人の方が、「ふんばれる!」「抵抗力がある!」ということも言えるような気がします。

これは私の希望的観測かもしれませんが。

ただそれも結局は小さい抵抗にしかすぎないのかもしれませんね。

髪の毛の量が多いからといって、移転的に禿げの要素が少ないからといって、あなたが決して禿げない理由にはならないということです。

禿げてもしょうがないと思える人は気にしないのが一番ですけどね。

やっぱりまだ禿げたくないという人は、今からでも出来ることをしておいた方が絶対に良いです。

 

おすすめの育毛ケアはこちら
↓ ↓ ↓

遺伝子検査付き 医薬部外品 育毛剤【Persona(ペルソナ)】

100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru kurokamiスカルプ】

 

コメント