今の彼氏との結婚に不安がある女性は彼氏を冷静に分析してみよう!彼氏や結婚相手に選びたくない男性7選!

 

こんな男はいやだ

 

昨今は結婚率が下がりながら離婚率が上がっているどうしようもない状況が続いている世の中であります。

変な男性と付き合ったがために、不幸な人生を送ってしまう女性もたくさんいます。

 

こういったことは何も女性に限らず男性側にも言えることではあるし、そうはいってもその男性を選んでしまった女性側にも問題があります。

自業自得な部分もあるということです。

そうならないためにも、「こんな男性はやめておけ!」といったことを、私の男性目線での気づきで上げていきます。

ぜひ参考程度にして下さい。

 

Advertisements

今の彼氏との結婚に不安がある女性は彼氏を冷静に分析してみよう!

この記事を見ているということは、これから結婚に進もうとしているか、今の彼氏といずれ結婚しようと考えているか、これから結婚に向けての彼氏選びをしているかだと思います。

そして、結婚を考えているのだけど、何となく今の彼氏や結婚相手としての男性のタイプに不安がある、もしくは結婚相手に失敗したくないという女性だと思います。

結婚というのはラブラブハッピー的な状態で結婚する人も居れば、ラブラブだけど結婚ということに冷静になっている自分もいたり、それでもやっぱり不安は誰にでもあるものです。

むしろ人生の一大イベントでもある結婚について、不安を感じなかったり、冷静に将来を分析できない方が、まぁ悪いとは言えませんが、結婚に失敗する可能性が高いとも言えるんです。

今の彼氏や婚約者はどんなタイプですか?

彼氏や友達としては楽しいし、好きだし、ずっと一緒に居たいと思っているけど、ではいざ結婚となると相手としてどうなんだろうか?

結婚は基本的にはそこから一生添い遂げるものなんです。

死に際もお互い共にするのです。

子供が出来れば一緒に育て、楽しみ、苦労して、そして人生を謳歌するのです。

でも結婚前はちょっと違いますよね。

会いたいときに会って話して、お互い好きなことばかり優先して、会いたくないときは距離を取ったり、そして基本的生活はお互い別々ですよね。

それってどういうことかわかります?

恋愛感情真っ最中という条件も伴って、「相手の良いとこばかりしか見ていない可能性」があるのです。

もちろんケンカしたり、別れてまたくっついたり、同棲したり、結婚していなくても色々あります。

でも結婚となると、それは「家族」になるということです。

「家族」になるということは、良いときも悪いときも、辛いときも楽しいときも、基本的にはずっと一緒にいるんです。

意見が違うことがあったり、ケンカをしたり、そんなのはそれぞれ別の人間なんだから良いのです。

しかし、結婚相手として大事なのは、そういった相手でも一生を共にしていけるかということです。

とはいってもですね、そんなの結婚してみないとわからない部分も確かにあるんです。

結婚前に、結婚後のことを全て見据えるなんてことはできませんからね。

お互いに失敗しながら、そして反省しながら成長していくのも結婚の醍醐味なんです。

でも、それでも、やはり「なんでこんな男性と!?」と思うような人と結婚して失敗する女性も居るんです。

失敗の未来が高い確率なのであれば、やはりそれはできるだけ回避したいものです。

 

こんな男性と彼氏として付き合うのはやめておけ!彼氏や結婚相手に選びたくない男性7選!

若いうちは、いろんな人と付き合って、男性の良し悪しを身をもって経験し実感していくことはとても大切なことでしょう。

ですがいつまでたっても変な男性とばかり付き合っていると、それは「男運が悪い」だけでは済まされず、そもそも女性側の見る目が無いという結論になってしまいます。

ましてやその流れで結婚してしまったり、出来婚などといったことになると、その後の人生がとても不幸になってしまいます。

特にそんな夫婦に生まれた子供が一番の被害者です。

男性と付き合って後悔、結婚して後悔などする前に、出来るだけ男性を見る目を養っていきましょう。

 

1.常に上から目線のタイプ

男は変にプライドが高い生き物です。

そんな中、やたらと上から目線で相手と接する人がいます。

これはその上から目線の相手が彼女のあなただけだろうが、あなたには上から目線ではなくとも自分より立場の弱い・低い人には上から目線という態度であれば、その人はきっと変にプライドが高く上からものを言いたいタイプなのでしょう。

この手の男性は、最初は優しかったりしても、いずれ豹変して態度が変わってあなたに対しても上から目線になる可能性は高いです。

上から目線の男性を「男らしい」とか「頼りになる男性」などと安易に見てしまうのは、恋に盲目になっている証拠です。

本当にやさしい人というのは、分け隔てなく誰にでもやさしいはずです。

今はまだ優しいときもあるかもしれませんが、それが付き合いが長くなったり、結婚して家族にでもなれば、その上から目線の態度は更にひどくなる可能性が高いです。

2.常に自己中心的なタイプ

先ほどの上から目線と似た部分があるかもしれませんが、自己中心的な男性は基本的に承認欲求が強く、相手を満たして上げる思いよりも自分が満たされたいという思いが強いです。

つまり人に対して思いやりが少ないとも言えます。

人に対して思いやりが無い、または少ない人は、今現在はあなたにやさしかったとしても、これまたいずれ豹変していきます。

この手の弾性は、人にやさしくするのは、人にやさしくすることにより、自分に何かしらの見返りがあると感じていることでしょう。

悪気はなくとも。

女性に好かれたい、あなたに好かれたい、あなたとイチャイチャしたい、そんな下心があるだけかもしれません。

どちらにしろ、自己中心的な男性は、自分に見返りや得なことがなければ人にやさしくしないことが多いです。

結婚しても、家事や子供の世話などそっちのけで、自分の趣味や好きなことばかりにお金と時間を費やす傾向にあります。

それでも良いというのであれば良いのですが(実際そういう夫で楽しく過ごす夫婦もいます)、正直子供が出来るとかなり辛い思いをすると思いますよ。

3.浮気性、女癖が悪いタイプ

まぁこれはとにかく止めておけということです。

浮気性であり女癖が悪い、もしくは女好きという男性は、仮に今現在一番愛しているのはあなただと言っても、なんの信頼も置けません。

たとえ本当に一番愛されているとしても、この手の男性はすぐに気が変わります。

だって浮気性でころころ女性をとっかえひっかえですから。

結局最後には自分の所に戻ってきてくれるはず!

なんて甘い考えはやめましょう。

帰ってきたとしてもすぐにまたフラフラどこかに行ってしまいます。

 

Advertisements

 

4.お金がない、働かないタイプ

まだ結婚せずに、ただ付き合っているだけなら100歩譲ってマシかもしれません。

ですが、決してお金持ちでなくても良いのですが、万年お金が無く、お金に対してルーズであり、定職にもつけない男性は、間違っても結婚までは行かないことです。

お金が無くても愛があれば・・・

なんていうのはただの幻想です。

夢を追い求めているがゆえに今は貧乏という男性もいますが、もしその夢が失敗したときの苦労や責任感を想像しましょう。

あなたよりも夢を大事にし、ただの現実逃避の引きこもりになるかもしれません。それでもそんな男性の力になりたい、などといった覚悟があればかまいませんが、本当に何十年も耐えられるのか? もし結婚して子供が生まれたら?

せめて最低限の収入が得られるような男性でなければ、絶対に苦労するし後悔します。

5.自分の親を大事にしていないタイプ

親との相性や、どうにもいかないダメ親などであれば別ですが、親というのは当たり前ですが家族です。身内です。

その身内に対して、ひどい暴言を吐いたり、今まで育ててもらってきた恩を大切にしなかったり、親は子供に何かをするのは当たり前的な態度をとったり、とにかく身内が故に甘えてふざけた態度をとっている人です。

こんな男性と結婚しようものなら、身内となったあなたはいずれ同じような待遇になる可能性は高いです。

親への態度は未来のあなたへの態度です。

つまり今は彼氏や妻だとしても、年数を重ねる毎に妻が母親代わりとうか、同じような扱いになるということです。

自分の親を大切に出来ないような人間は、きっと妻や子供もいずれは同じように大切にされないかもしれません。

怖いですね。

6.なんか不潔なタイプ

綺麗好きとまではいかなくとも、常に清潔で良い匂いを漂わせているとまではいかなくとも、そこまで潔癖を求める必要はありませんが、とにかくなんか不潔と感じる。

この匂いはもしかしてお風呂にあまり入っていない?

なんかいつも洋服の袖とか襟とか汚れていたり、シャツがズボンからはみ出ていたり、なんとなく身なりに対して不潔というかだらしないというか・・・

こんな男性もイヤですね。

一緒に住むとなったらなおさらです。

あなたが清潔人間に変えてあげれば良いかもしれませんが。

7.なんとなく不安という直感

これは女の直感でも何でもいいですが、この人と付き合っていて大丈夫かな? この人と結婚して幸せになれるかな? と感じる場合は、その直感を軽く見ない方がいいかもしれません。

付き合いはじめやラブラブの時は何となく相手の良い所ばかりを見てしまいがちです。

ですが、付き合いを続けるうちに何となく将来が不安になったり、一緒に居続ける自信がなくなったり、そんな男性はちょっと要注意かもしれません。

そんなことを言ったら誰とも付き合えないかもしれませんが、結婚する前から不安があるようでしたら止めた方がいい場合もあります。

「あ~やっぱり止めておけば良かった・・・」

そんなときは、第三者の友人や親など周りの意見を聞くのもとても参考になります。

女の直感というより、自分の直感を信じましょう。

 

最後に

他にもいろいろありますが、キリがないのでこれぐらいにしておきます。

まぁこういったことは何も女性に限らず、男性に限らずです。

そして何といってもこれらを注視する目を持っていなければどうしようもありません。

結局見る目がなければ変な男性・女性に引っかかってしまう可能性がありますので、相手がどうこうというよりは、自分がしっかりしなければいけないというオチでした。

【デイズ男性ハイステイタス恋活マッチングサービス】
待って見つける恋人!毎日1名年間365名を無料紹介

 

コメント