「思い立ったが吉日」ということで「ボーっと生きてんじゃねよ!」

 

前回の記事更新から約4ヵ月ぶりのブログ記事の更新です。

だからどうしたって話なんですけどね。

ただ思い立ったらブログを何かしら更新しないとな~ということです。

 

Advertisements

思い立ったが吉日

「思い立ったが吉日」なんてことわざがありますね。

「思い立ったら」ではないです。

「思い立ったが」です。

意味としては、「何かをやろうと急に思ったら、思ったその日が吉日としてすぐにやるべし!」ということです。

ふと「あれやりたいな~」とか、急に「これにチャレンジしてみたくなった」とか、何かをやり始めたいという思いが湧いてくるときってありますよね。

そんな時は、「じゃあ来週から始めようかな」とか「もう少し余裕が出来てからやってみようかな」なんて思っていると、いつの間にかそのことを忘れてしまっているなんて経験はありませんか?

よくあるんですよね。

そんなのんびりしているといつまで経っても出来ないですから、だから「思い立ったが吉日」として、すぐに始めてみようということです。

もちろんただ単に急げば良いというわけではなく、じっくり考えて準備して取り組んだ方が良い場合もあるし、それをやる時期かどうかを真剣に考える必要があることもあります。

「急いては事を仕損じる」(急いでことを進めようとすると返って上手くいかないという意味)なんていうことわざもありますからね。

しかしそういうリスクが大してないものであれば、とりあえず経験しちゃいなよ!というわけです。

 

「ボーっと生きてんじゃねえよ!」

別に「思い立ったが吉日」について記事を書こうと思ったわけではないんですけどね。

書くことも思いつかず、書く気力も著しく低下していたこのブログを何とかしたかっただけです。

そこで、ブログを更新しようと思い立ったら「とりあえず書いてみよう!」というだけのことです。

でも先ほど書きましたが、何かを始めようとかやってみようとか思っていても、すぐにやらないことによっていつまでもやらないなんてことは本当によくあるし、じゃあ他にもっと意義のあることをしているのか?というとそうでもないんですよね。

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

いやもうほんと「ボー」っと生きているんですよ。

ちこちゃんに怒られます。

もったいないですよね。

時は金なり、タイムイズマネー、です。

あなたはどうですか?

ボーっと生きてませんか?

 

人生は「一に経験」「二に経験」です。

私が思う人の人生の目的は「経験」に限ると思っています。

思っているけど大した経験がほとんどない私なんですけどね・・・

良いことも悪いことも

上手くいったことも上手くいかなかったことも

楽しいこともつまらないことも

好きな人も嫌いな人も

得意なことも苦手なことも

晴れの日も雨の日も

お金があるときもお金がないときも

なんでもそうなんですけどね、そういった様々な経験をして、そして自分自身がそれらをどう感じるのかということが大切なんだと思うわけです。

だから「思い立ったが吉日」なんですよね。

ここで、

「どうせ失敗して上手くいかないだろうな~」

「今さら始めてもな~」

「やっぱり恥ずかしいしな~」

などと、やらない人のパターンは”先を”見てしまうことです。

しかも自分の勝手な思い込みも入っています。

しかし先ほど書いたように、経験を大切にするならば、やりたいことをやるのも経験だし、それをして失敗するのも経験だし、上手くいくのも経験なんですよね。

とにかく始めてみないとそのどれもを経験することが出来ないんですね。

なんて偉そうなこと書いていますが私もその部類なんで安心して下さい。

しかしいつまでもそれではダメなんだという思いも当然あります。

だからね、とりあえず始めてみようではありませんか、やってみようではありませんか。

 

自分を変えたいとか、ボーっと生きたくないとか、それだって「思い立ったが吉日」ですよ。

 

コメント